興味神神~サンデー感想日記~ ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU『最終夜』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハヤテ1

時計の中のハヤテ
ハヤテ2
(どうしてぼく、こんなとこに?)

ハヤテ3
「まだ死んでいないよ。でもある意味死よりも恐ろしい永遠の始まりだけど」
「パンダ?」
「狸ですけど」


 キュゥべえ?
 最終回にして、変なのが現れたな・・・

タヌキはここは黒椿の中だと説明する
誰かが刺されない限り永遠が終わらない

「幸運は誰かへの祈り
祈りは歌だよ、少年」

マイクのもとにやってくる
「ただ、歌えば命は消滅する
誰かに幸運を与えたければ歌うがいい、そして消えるがいい
主に、女装でな!」

「女装ですか」

 女装かよ!!
 なんだよその無駄な条件w

ルカのライブ
通路を歩くヒナギクと花菱
「マリアさんは?」
ヒナギクは何か考える

ハヤテ4
「返せ!!!黒椿を!!」
ドリーはツグミにまで攻撃し始める
伊澄と咲夜もドリーのもとに行こうとする
その前に現れるのはシドとツグミ
「お母さまは、砂漠に捨てられていた私を助けてくれたのよ!!」
伊澄を蹴り飛ばす
「いいでしょう、
ハヤテ6
だったら地獄を見せてあげます」

(キレた!!)

 キレた!!
 ゴメン、蹴られて飛んでいく伊澄を見て笑ってしまったw
 なんか不自然でね・・・

「私の黒椿を返せ!!」
「渡せない・・・これには、私の大切な人が入っているから!」
ナギはハヤテと手を握り逃げる
シドがドリーを止めようとするが、返り討ちにあってしまう

強盗犯はマリアを人質に逃げようとする
「お友達に貸していた800万ドル指輪が・・・!!」
「何!?」
ハヤテ7

「嘘びょん」
強盗犯を倒す
「三千院のメイドを甘く見ると痛い目に会いますわよ」
もう一人の強盗犯は逃げだす
外では、伊澄がキレていた
雪路の所にヒナギクが
「お姉ちゃんは安全な所に逃げて!!」
「でもお金が」
「お金よりも大切なものがあるでしょ!!」

全員を倒す
ハヤテ8
「あら・・・」
「どう考えてもやりすぎやっちゅうねん!!」
「おっさんを犠牲にしないと勝てない相手だったのです」


 強すぎワロタww
 おっさん可哀想すぎるww
 ハヤテ達に関わったのが運のつきだったな・・・
 まあ自業自得だが

ナギとハヤテ
「その中に入ってるやつ、そんなに大事なのか?」
「全部含めて大切な人なんだ!」
ヘリに乗ろうとするハヤテ
「操縦できるのか?」
「もちろん、執事ならね」
「本当!じゃあ早く運転して!!」
なぜか雪路が乗っていた
ナギも乗ろうとするが、ドリーに捕まってしまう
「ナギー!!」
「早く黒椿を渡せ」
「お前は馬鹿か。逆の立場ならお前は黒椿を渡すのか?」
「渡すわけないだろ、命より大切な人なのだから」
ハヤテ10

雪路とヒナギクはヘリから飛び降りて逃げる
直後、ヘリは壊れる
「黒椿を返してもらおうか。私の愛しい人を!!」
ハヤテ9

木に縛られるナギ
(ハヤテ・・・)
「黒椿、返してやろうか?」
ハヤテは黒椿を差し出す
「ナギ、頼みがある。盗られた俺の結婚指輪あとで返してほしい」
ハヤテは黒椿を剣にする
ハヤテ11

「これが答えだ!!」
剣を自分に刺すナギの父
「そんな顔するなって、紫子譲り可愛い顔が台無しだ・・・ぞ」

時計の中のハヤテ
ハヤテ12
一人の男がやってくる
「よぉ」
「あなたは?」
「そんなのはどうでもいいよ。それより娘がピンチなんだここを出たら助けてくれよな
ハヤテ13
じゃ、後はヨロシク
女を待たせてんだ」

男は去っていく

 父親ハヤテに似てるなあ
 金髪だが
 なかなかかっこいい人でしたね

ドリーはナギを投げ飛ばす
ハヤテはドリーを切り裂く
ナギをお姫様だっこ
ハヤテ15

「お待たせしました、お嬢さま」
ハヤテ14

「ハヤテ・・・」
「なぜ・・・優しい言葉をかけてくれないのですか?」
ドリーは崩れ去っていく
「ハヤテ・・・この高さから落ちたら…」
「これは普通なら助からない高さですね
ボクの手を絶対に離さないでくださいねお嬢さま」

飛び降りる二人
「大丈夫、お父様がきっと助けてくださいますから」
「遅くなって申し訳ございません。お嬢さま」
「ハヤテ・・・」
ハヤテ16
「ハヤテ!!
私・・・ハヤテが好き!!世界で1番ハヤテが好き!!
だから・・・だから・・・」
ハヤテ17

「ありがとうございます。それは世界で1番大切なものですから大切にしないと」

ハヤテ18

 おおー!!
 これであの巻頭カラーにつながってくるのか!!
 なるほど・・・
 
 ずいぶんと大胆な告白ですね
 この思いはハヤテにちゃんと届いているのか・・・?
 まあハヤテの中ではLOVEじゃなくてLIKEだろうな

雪路とヒナギク
「お金舞ってるけどいいの?」
ハヤテ19

「1度あてたからいいわよ。
また当ててやるわよ!!」


 雪路いいですねー
 この人はたまにいい事を言います

ハヤテ20
時計の中、女装して歌いきるシン

 くっそww
 お前が女装するのかよwww
 気持ち悪すぎワロタww

拍手して近づいて来るのは紫子
ハヤテ21

「最高のステージだったぜ!!」
二人は手をとる


 こんなんでいいのかよww
 感動のかけらもねえww
 できれば紫子にからかってほしかったがなw

無事に着地をするが、ドリーが近くに
「あの男が事故で亡くなる直前こう言ってたんだ」
『ありがとうドリー。愛してる』

それを聞くと、ドリーは崩れて消えていく
「心残りのない人生はきっとないですから
ルカさん、アンコールみたいですね」

「聞きに行ってやるか!!」

紫子の墓に来るナギとハヤテ
結婚指輪と黒椿を置く
「ありごとう、助けてくれて」
「お母さまはお父様が浮気していると思ったまま亡くなったのでは?」
ハヤテ22

「本物の愛は不運には負けない!だから、大丈夫さ」
「そうですね」
「今日の夕食はなんなのだ?」
「ハンバーグですよ、お嬢さま」


めでたしめでたし

それでは、『ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU』の総評を

ハヤテの原作ファンとして見ても、一つのアニメとしてみても残念な出来でした

まず、さんざん言われていた作画から
今までのアニメや原作と比較してもこの作画は酷い
ほとんどのキャラが完全に別人です
声を聞かないと誰が誰だかわかりません
1番酷いのは咲夜。もう完全に誰こいつ・・・状態
もうマングローブはダメですね

次にストーリー
原作の未来を描いたアニメオリジナルなんて畑先生もかなりの負担だったと思います
ストーリーの方も微妙だなと感じました
無駄にシリアス路線にしたため、結果薄っぺらい内容に
アニオリキャラを出したりして結局何がしたいのかわからずgdgdな出来だと思いました
このような内容をやるよりは、アーたん編までにあった原作の話をやっていた方がいいと思いました

また、内容が完全に一見さんお断りだったのも評価できない所
3期なので完全に新規を取り入れるのは難しいですが、
1期2期を見ていた人たちを切り捨てるような内容にしたのは失敗だったと思います
具体的にいえばカユラ、ルカといった新キャラ
突然現れても完全に誰これ?状態
アニメの視聴者が全員原作を読んでいるとでも考えているのでしょうか
それならば思いあがりもはなはだしい
特にルカなんて映画を見た人でさえ誰だかよく分からないのにEDにソロで起用
しかも本編登場は第11話
このゴリ押しはよくないです
これならば2期みたいなナギとハヤテのキャラソンの方がよっぽどまし

唯一いいなと思った所は、第4話
これだけは畑先生の趣味全開でよかったと思います

BDの売り上げも1期2期と比べてかなり酷いよう
まあ当然だろうなと思えてしまうことが残念な所
映画が良かったので期待していましたが残念な出来でした
正直、今年見たアニメの中でもワースト3に入るレベルでした




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1043-9a2acb7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。