興味神神~サンデー感想日記~ マギ『笑顔』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギ1 

アラジンはカシムを見る
「君がその剣で貫くしかないんだ!
アモンの件は甦るさ!」

アラジンが呪文を唱える
マギ2

「行くよ、アリババ君!」
アラジンはアリババに向かって呪文を放つ
マギ3
すると、アモンの剣が再生した

ジュダルが攻撃し始める
マギ4

アリババはカシムに剣を突き刺す
「やったか!?」


 もうやったか!?って使うのやめろよ・・・
 漫画やアニメでこのセリフが出ると100%倒してないんだから・・・

マギ5
だが、黒いルフに飲み込まれていく
「君にも伝えたい事がある!」
ジュダルを向くアラジン

すると、ジュダルの過去がフラッシュバックする
マギ6
「やめろおおおおおお!!」
倒れこんでしまう


 結局ジュダルとは何だったのか…
 こうやってアニメで見るとジュダルがただのかませ犬なんだよなあ

カシムの中に入ったアリババ
(そこは黒いジンの中さ
僕が時間を稼ぐ。だから君が彼を闇から救っておくれ)

「もう一度お前と話がしたい」
マギ7

「来るな!俺はお前が大嫌いなんだよ!!ガキの事からずっとだ!!」

カシムに黒いルフが集まる
「畜生…そんなに違うのか
俺だけが生まれつきのクズだって言うのか!?」

ジュダルの氷がアラジンを襲う
(アリババ君。ルフの声に偽りはない
でも、君ならできるはずさ!勇気ある人。僕の選んだ王の器なのだから!)


マギ9
「不公平じゃねえか
生まれた時からどう生きるのか決まってるなんてよ!!
糞みたいな運命に復讐してやるってな!!」

アリババに黒いルフが襲う
(いつもいつもお前だけ光の中来ていた)
マギ10

(声が・・・流れてくる・・・)
「違う!!
違う!!」
マギ11
カシムを殴る
「おれはただ必死だっただけだ!!
それを、てめえの都合のいいように勝手に決め付けてるんじゃねえ!!」

アリババに白いルフが現れる
カシムを黒いルフがおおう
マギ12

「勝ちとか負けとか関係ねえ!!
違いなんかねえ!!」

「お前には分からない!!人間には違いがある事を!!」

カシムが力で押す
アリババは倒れてしまう


 すごい子どもの喧嘩って感じだなぁ
 だが、それがいい
 互いに感情だけで殴り合うのはいいですね

スラム街が映る
そこには、マリアムが死んでいくシーンが
マギ13

「どうして俺たちばっかり・・・」
(ないのではなく、奪われたのでしょう。王族に)
スラムの住人に銀行屋が
(それは、憎むべき運命!!
もしみさなんに革命の意思がおありなら、私が力を貸しましょう)


「俺は運命を変えてやる!!
自分とは違う正当な何かに!!
なれるはずだ!!」
マギ14

黒い金属器がアリババを突き刺す
マギ15

だが、カシムに白いルフが
マギ16

(悔しい・・・情けねえ・・・
カシムがそんなこと思ってたなんて・・・
俺は逃げてただけかもしんねえ
人には違いがあるのかもしれねえ。それがとてつもなく悲しい
みんなが幸せに生きる為の方法が…あるはずだ!!)

(こいつ、考え始めたんだ…)
カシムは少年時代を思い出す
(悲しいか、そんな風に受け入れればよかったのかな)
マギ17

(自分の事を受け入れて、それぞれの場所で精一杯の人生を生きていれば…
マギ18
それを俺は無理やりお前と同じ場所に立とうとしていた・・・)

青空が広がる


 カシムが自己解決しました
 (考え始めたんだ…)ってところはちょっと違和感を
 え!?そこですか!?って感じ

「アリババ君!!」
黒いジンから白いルフが

マギ19
「ジンが崩れる
どうやらここで終わりのようだな」

「俺はお前を助けだす!!」
「それならもう充分だ
もっとお前と、話をしておけばよかった」

カシムがルフになり始める
「待てよカシム!!」
「なあアリババよ
俺らさ、」

「なんだよカシム!!」

マギ20
父親に殴られるカシム
カシムは父親をナイフで殺す
「カシムよ、てめえは俺に似て最低のクズ野郎だな」
返り血を川で洗う
「くそ!!くそ!!くそおお!!」
マギ21

(こんなオレでも、あいつだけは・・・)

「何でそんな事聞くんだよ!!
そんなの、当たり前だろバカ野郎!!」

アリババは追いかける
「おれたちは、」
マギ22

カシムは笑いかける
「おれたちは
友達だろ!!」

カシムが消える


 うおお!!
 ここのシーンはよかった!
 ちょっと回想が長いのが残念だった
 父親を殺す回想はいらなかったなあ
 だが、最後のカシムの笑顔は思わずウルっと来てしまった

ジュダルが倒れる
「また会おう、マギよ」
銀行屋は去っていく
マギ23

ルフの中、アリババはカシムの亡骸を抱きかかえて泣いていた
「お帰り、アリババ君」

「ソロモンの知恵を獲得した4人目のマギか
面白い。手に入れて見せよう!
われらのやみで染め上げてもらう」

「それは無理だ」
マギ24

マスルールがやってくる
マギ25
さらに、ジャーファル

「これは、まさか!!」
巨大な雷が
「なぜだなぜ貴様のような男が存在している!!
マギ26
七海の覇王、シンドバッド!!」

シンドバッドは巨大な雷で銀行屋を殺す
「大丈夫ですか?シン」


 シンドバッド強すぎwww
 こいつがいれば全部解決だな!ww
 初めからSML兄弟が金属器を盗んでなければ、こんなに泥沼化しなかったのに・・・

大量の人達

「例のマギが現れた」
「彼が選んだ王の器は第一級特異点と手を結び始めた」
「ソロモンの傲慢でしょ」
マギ27
「我々はただ屈せずに立ち向かえばいいのです」
「我々は未来永劫この世に暗黒を作るとしましょう」
マギ28
アルサーメン

 なんかグラマーなお姉さんがいたよ!!
 こんなのがアルサーメンに入るのか。私も入りたいです
 組織の人数多すぎだろww
 こりゃシンドバッドさんでもムリだw

「すまない、カシム…助けてやれなくて」
「アリババ君
いつまでも泣いてちゃだめだよ
彼が帰れなくなっちゃう
死んでしまった人は消えてなくなるわけじゃない。大いなるルフになるだけなんだ」

ソロモンの知恵!!」
マギ29

王様とアリババの母がルフで実体化される
「人が死ぬのは悲しいけれど、永遠の別れじゃないんだよ!
ずっと見守っている!!
さあみんな行って
懐かしい大好きな人のところに!!」
マギ30

ルフが実体化し、さまざまな人のもとに
マギ32
やがて、ルフは一つの場所に戻り始める

「君は本当に彼らを救えなかったと思うかい?
この国の闇は晴れたんだよ」
マギ33

モルジアナとシンドバッド達がやってくる
「マギとは、すごいな」

マギ34

いい最終回だった!!!!
ギャグとかではなく本当によかった!!
またまたウルっと来てしまいましたね!!
長いバルバッド編の終わりとしては最高の終わり方だった!!!

だけど、来週からどうするんだ?
あとアニメは7,8話しか残ってないぞ
とてもシンドリア編を8話で終わらせられるとは思わないが・・・
やっぱり、バルバッドで終わりでよかったと思うけどなあ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1096-3c38d188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
バルバット編、大団円へ…。 製作のスケジュールも持ち直したみたいで良かったです(^^; 黒のジンと化したカシム。 眠りから醒めたアラジンは、アリババと力を合わせ折れたア
2013/02/04(月) 00:07:45 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。