興味神神~サンデー感想日記~ マギ『シンドリア王国』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギ1

復興に向けて働くバルバッド
マギ2
モルジアナはスープを配る

会議をするアリババ
マギ3
「まずは共和制がどんなものなのか国民に知ってもらうことが最優先だ!」

外を見るアリババとアラジン
「これからだね」
「先は長いぜ」
マギ4

アリババはヘビにかまれる
「大変です!!」
煌帝国の軍団が来た
完全に支配下に置くためにやってきたよう

シンドバッドはアリババにこの国から出るべきだと言う
マギ5

「もう俺は逃げない
逃げるくらいなら、戦ってやる!!」

アリババを気絶させる
「これが君とこの国の為なんだ」


アリババが目覚めると船の中にいた
甲板に出て外を見る
「あれはシンドリアです」
ジャーファル達がやってくる

シンドバッドは煌帝国に向かっているよう
マギ6

「くそ・・・くそ!くそ!!」

バルバッド編の後日談が追加されてました
これはいい追加かなーと思います
正直、漫画ではシンドリア編が唐突に始まっているので
そのままアニメで再現したらよく分からない事になったでしょう
まあ1番の収穫はエプロン姿のモルジアナですね

モルジアナとマスルール
マギ7
格闘中
「帰ってこられたようですね」
マギ8

シンドバッドが煌帝国から帰ってきた

シンドバッドはアリババとアラジンを呼び出す
煌帝国は支配しないとのこと
だが、関税自主権などに関しては厳しい事に

「ありがとうございます・・・」
「礼を言ってくれるのかい」
「あなたが考えた事以上は思いつかなかった
本当にありがとうございます」

目立たないように外からバルバッドをサポートしようという
「それは厳しい。君達はもう組織に目をつけられてしまった」
マギ9

世界の異変は偶然ではなくアルサーメンという組織のせいだった
銀行屋や黒いジンの男もアルサーメンだった

シンドバッドはアルサーメンとずっと戦ってきた
「アリババ君、君にも戦ってほしい」


アリババとアラジンが太るのカットするのかよ!!!
あのギャグシーンメチャクチャ期待していたのに!!
ここでデブのアリババが「僕も一緒に戦います!」っていうのが面白かったのに!!
マギの中でも5本の指に入るギャグ回を丸丸カットする制作者の意図が全くわかりませんね
あれは一応つなぎの回でもあったのに
制作者は原作を全く見てないのでしょう
吉野はどこをやってどこを削るかまるで分かっていないな

シンドバッドはさらに2人に師匠をつけようとする
だが、南海生物が現れたよう
「八人将、招集だ!」

南海生物は町を破壊し始める
だが、住民はワクワクしている
マギ10

やってきたのは、シンドバッドと八人将
マギ11

「ヤムライハ、シャルルカン今日の獲物はお前らに任せる!」
マギ12
ヤムライハは水魔法で化物の動きを止める
シャルルカンは首を切り、次々を切っていく
マギ13

「解体完了!」
マギ14

「盛りつけた!?」

「というわけで、彼女が君の魔法の師匠だ」
アリババは近づいていく
「お姉さん!!」
マギ15

胸をもむ


いっやっほぉぉっぉぉおおおおおおおお!!
さすがマギだ!!
俺たちにできない事を平然とやってのける!!
そこにしびれる憧れるゥ!!!

「やめろ!!糞ガキが!!」
熱魔法でやられる
「お姉さんって優しそうなのに優しくないのね」
「やめとけやめとけ飛びきり陰険だからよ」
シャルルカンもやってくる
マギ16

「剣のよさがわかるなんてなかなか見どころあるじゃないか
何ババくん?」

「アリババです」


何ババでワロタw

ヤムライハとシャルルカンは喧嘩し始める
「今夜はマハラガーンだ!」

ここで勝負だ!!ってのもカットしてますねー
それもやってほしかった…
そのあとの『マスルールさんで良かったです』が聞きたかったんだけどなあ

夜、祭りが始まる
「本当、お祭りはいいよね~」
女の人がアリババに花をやる
「そういえばモルジアナは?」
マギ17

「何言ってるんですかアリババさん
マギ18
さっきからずっと目の前にいるじゃないですか」


いっやっほおォォォォおおおお!!!
最高だあああ!!
遂に・・・遂にアニメでモルジアナのこの姿が見れた!!!
こうして改めてみると結構ギリギリの服だよなぁw
たまらんぜ!!
最高だ!!!

「モルさんすっごく似合うよ!!」
「そうそう!!すげえ似合ってるよ!!綺麗過ぎて誰だと思っちまったぜ!!」
マギ19

後ろを向くモルジアナ


この表情がまた良い!!!
もう今週は最高のモルジアナ回だ!!!!

シンドバッドは女の人に囲まれていた
「八人将を紹介しよう」
ジャーファル
マスルール
マギ20
ヒナホホ イムチャックの戦士
マギ21
ドラコーン 龍のような姿だが元は人の子
マギ22
ヤムライハ
シャルルカン
マギ23
ピスティー
マギ24
スパルトス

「それからもう1つ」
煌帝国からある申し出を引き受けた
それは煌帝国の皇子のシンドリア留学だった

「まさかシン、紅玉姫に手を出していませんよね?」
「おれは外交の為に行ったんだ。そんな事はしないよ」


これが次回への伏線かw
こんな心配されるとはどんだけ信用されてないんだか・・・

結婚を勧められるシンドバッドだが
マギ25
「俺にはもう国民という大切な家族がいるからな」

国民は歓声を上げる
「不思議です。小さな国なのに」
「とっても大きな国だね」
「そうだな」


「どうかしました?」
モルジアナはアリババに話しかける

「お前、俺たちといていいのか?暗黒大陸に行けるんだろ」

「今でもお二人への恩返しを忘れていません
私も一緒に戦いたいのです
マギ26
どうか、お供させてください
だめ・・・ですか?」


ここのモルジアナが素晴らしい
しっかりアニメで見れてよかった
安心安心

「それが今、モルさんのしたいことなんだね
ならそうすればいいんだよ
だって君は自由なんだから!」

マギ27
「だれにも遠慮なんかいらねえ!!」
モルジアナは立ち上がる
マギ28
(許してもらえた・・・
これからも・・・ずっとずっと
何かしら、この落ちつかない気持ちをどうしたらいいの)

観客が歓声を上げる
マギ29

モルジアナが踊っていた

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
だがこの踊り、カクカクしてるぞ
A-1やる気ねえのかよ
ここのシーン期待していたんだけどなあ
正直ちょっと残念です

「綺麗だぞー!モルジアナー!!」


マギ30

おい、この後の「お姉さんも綺麗だよ!!」ってギャグがカットされているじゃないか!!
本当に何考えてるんだ吉野は

「なあアラジン。
俺はこれからそういう事の為に戦いたいと思う!」

「分かったよ。僕も君と一緒にアルサーメンと戦うよ」
マギ31

花火が上がる

アラジンのセリフほとんどカットか!?
だが、来週やるとも思えないしなぁ
二人の絆を再確認する大切なシーンでアラジンのセリフカットは酷過ぎるだろ!!
ちゃんとやれよ!!
(この感想ではアニメでのセリフをさらにカットしています)

白龍が船に来る
マギ32
「シンドバッド王果たしていかなる王子か」
うなる紅玉
マギ33

「シンドバッド・・・殺す・・・
私にあんな事をしておいて・・・
殺す!!!」


紅玉ワロタww
次回は紅玉回か

残り6話で果たしてシンドリア編をどうやるのか
そんな不安を抱きながら見ていました

今週は最悪でしたね
先週、見直したのにまた前のカット連続のマギに戻ってしまいました
序盤のギャグシーン全カットはおろか、大切な会話のシーンもカットしています
ヤムライハの魔法の説明はさすがに来週やるでしょう
これをカットしたら本当にマギのアニメは救いようない出来になる…
メタボ回全カット、アラジンの会話カットは許せませんねー
あと、アラジンとアリババが場所を変えずにその場で話しだすように変更したのも意図がわからない
単純に移動するシーン描くのが面倒だったから?w
モルジアナのダンスもカクカクしていましたし、作画においてもやる気のなさを感じますね
バルバッド編という大きなヤマが終わったマギ
どうやらシンドリア編はカットと改悪の連続で終わりそうな予感です




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1106-56b774d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
バルバッドの再興に頑張るアリババ。 しかし煌帝国の大艦隊が押し寄せる。 シンドバットは王子であるアリババが狙われると脱出させる。 行き先はシンドバットの治めるシンドリア王...
2013/02/10(日) 23:24:47 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。