興味神神~サンデー感想日記~ 名探偵コナン『高木刑事3千万拾う』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コナン9

何回やってもいいじゃない!恋も事件も今日も明日も!
拾ったカバンに三千万、持ち主の本当の狙いとは!?
たった一つの真実見抜く
見た目は子供頭脳は大人その名は名探偵コナン!!


高木刑事は走って家に帰ろうとする
ジョギング中、いろいろな人に話しかける

すると、高木刑事は落ちているバッグを拾う
コナン1

開けてみると、大金が
交番に届ける


 くそ・・・
 佐藤刑事とチューした次は大金ゲットかよ・・・
 なんて運のいい男なんだ…

高木刑事は聞き込みを行う
元太「やったな高木刑事!!大金拾ったんだって!」
コナン8

コナンと探偵団がやってくる


 なんで灰原がいないんだよ!!
 灰原を出さないなんて脚本家はバカなのか!?
 灰原がいなきゃ探偵団が登場する意味無いだろ!!!

光彦「おとした人捜すの僕達も手伝いますよ!」
笹本という女の人と話していたら道の真ん中に大金があったと話す高木刑事
小五郎「間抜けな野郎だぜ…ここは俺と手を組もう、高木」
小五郎もやってくる
すると、落とし主が出てきたとの一報が
小五郎「それじゃ、また困った事があったら呼んでくれ」
コナン「ははは」

 小五郎クソワロタwww
 何しに出てきたんだよwww
 今回1番面白かったシーンです

コナン2
平沼が交番にやってくる

三千万は妻の生命保険
平沼はそれを友人に自慢しようとして、酒を飲んで落とした

落としたのは昨夜
平沼のスーツにはペンキ

光彦「あっけなく見つかっちゃいましたね」
だが、新聞配達によると朝5時ごろにはバッグは落ちてなかった

廃屋に入るコナン
コナン3
コナン「これ、平沼さんの靴の足跡じゃ」
平沼の方についていたペンキの破片がある
あの時、平沼は誰かにバッグを拾わせるため廃屋にいた

高木刑事「笹本さんだ!」

コナン4
笹本秀子。普段はパートをしている

笹本は平沼の事は知らない
店を出ようとすると店員の大場が
大場「あの犯人が見つかったんですか!?」


笹本のご主人が15年前に殺された
当時はいつもうつむいていて暗そうにしていた

そんな笹本と結婚する予定の大場
大場「なかなか難しいものですね。あの犯人が出てきたらまた憎しみ続けないと」
大場は店に戻る
コナン「その事件と今回の事件関係しないのかな?」

高木刑事は事件を調べる
15年前の夜。雑居ビルで起きた
ベランダから事務所に侵入し笹本を殺害
犯人のはいていたスニーカーの足跡が残っていた
そのスニーカーの購入者リストには平沼が


 事件の詳細を小学1年生に話すなよww
 刑事が小学生に事件の相談って…悲しくなるな…

コナン「なるほど、そういう事か・・」
遺族の笹本に三千万を届けようとした
高木刑事「でもねコナン君
平沼さんは犯人じゃなかったんだよ」

平沼は片足を骨折していて犯行が不可能
高木刑事「やっぱり関係ないんだよ
思い過ごしだったんだろうね」

(よし)
コナンは小五郎からの電話に出たフリをする

 自作自演ワロタww
 誰か気付けよww
 不自然だっただろww

「小五郎のおじさんが平沼さんの周りの人で足を骨折していた人がいないかって
あとなんでもいいから平沼さんの情報が欲しいって」


平沼は真面目でいい人

だが、1週間前旅に出ると言って出掛けたのにその日のうちに帰ってきた
その前の晩から

「ずっと前からそうするって決めてたのにいざそうしようとすると
コナン5
まったく情けない男だ…」
「金で償えるもんじゃない」

その次の日、バッグを持って出かけた

立ち食いそばを食べる高木刑事
神崎「階段踏み外して右足ボッキリだ」
コナン「そのとき神崎さん、保険証持ってないんじゃない?」

平沼、笹本、大場を墓に呼び出す

小五郎「なんだいきなり呼びつけて・・・」
小五郎がやってくる

麻酔銃を刺される
「平沼さん
15年前あなたがしでかした強盗殺人の事ですよ!」

神崎が平沼の保険証を借り、足は石膏で固めた
だが、証拠はない
「神崎が骨折して思いついたんです・・・」
自供する平沼
コナン6
チンピラだったが、一人の女性をと出会い代わり店を作れた


 奥さん美人だな!!
 くそ・・・チンピラがこんな美人と結婚して店まで持てて…

そうなればそうなるほど罪悪感が大きくなる
「でも、出来なかった・・・」
妻が病気になってしまった
その妻が亡くなり三千万が手に入った

光彦「悪いと思ってたんなら直接会って手渡せば!」
平沼「恐ろしかった…警察に捕まるのが…」
1週間前、墓に来て聞いてしまった

「どうか、もう被害者の遺族という立場から解放してあげませんか?」
「事件の事は忘れる事にしようと思うの・・・」


事件を忘れようとしているので出ていけなかった

小五郎「でもね平沼さん
あなたがどう自分で納得しようと
過去をなかった事には出来ないんです
だが、今回の場合は特別なケースだ。なかった事にはできないがケリをつける事は出来る
ケリがつけば堂々と再出発できる
なあ、高木!」

平沼を逮捕する高木刑事
平沼「あの三千万円もらってはいただけないでしょうか」
笹本「再出発する時にお使いください」

帰り道

コナン「あ!やべ、忘れてた!」
小五郎「ハックション
どこ?ここ」
コナン7
コナン「わりい、おっちゃん・・・」


小五郎カワイソス

今週のアニオリは本当に微妙な回でした
前回みたいにトリックがしっかりしているわけでもなく、別にギャグがあるわけでもなく
特に山もなく坦々と事件を解決していった印象
ひねっているわけでもないし
ふっきれたくらいのギャグ回のほうが見ていて面白いですね
無難なものを作ろうとしてつまらなくなった感じです
灰原を出さなかったのも許せない

今週はストーリーもさることながら、作画もかなり酷かったです
小学生がもはや奇系の域に達していたぞ・・・
高木刑事も目が大きすぎて気持ち悪かったし

今週は作画もストーリーもどちらも酷いお話でした

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕は結構、こういう重い話好きですけどねw

できれば、コナンではなく2時間ドラマでやってほしかった気もしますが…。

灰原がいなかったのは、例の如く「私はパス」だったのかもしれません。
2013/02/24(日) 11:14:25 | ちくわのみみ | #-[ 編集]
>>ちくわのみみさん

コナンっぽくないなあというのは自分も感じました

こういう重い話はもっとアニオリ30分ではなく、1時間ドラマとかでしっかりやるべき内容だと思いますね
そういった意味で、この話を30分でやろうと作ったのはどうかと思いました
2013/03/10(日) 11:34:03 | MBJ | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1116-63596400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。