興味神神~サンデー感想日記~ マギ『王子と皇子』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギ1

シンドバッドと白龍
白龍「シンドバッド王よ、どうかご協力ください」
シン「君は留学に来たんだろ。この国を見ていきなさい」
白龍「時間がないのです今すぐ返答を」
マギ2

シンドバッドを見る白龍
シン「話の続きがしたければもっと学びなさい
それにはまず君に会って欲しい人物がいるな
アルババサルージャだ」


夜の町
マギ3
風俗に入るシャルルカンとアリババ
シャルルカン「お前はどうなんだよ、元王子として
あの煌帝国の皇子の事をどう思うかって聞いてんだよ!
俺は一度手合わせしてみてえ!」

また左腕がうづく
「おとなり、よろしいかしら」
アリババの隣に、別の女性が
マギ4

「エカリテーナでございます」

 エリザベス再臨かww
 ここでこのオリジナルを投入してくるとはww
 確かにエリザベスが再登場する原作回はアニメじゃやりそうにないからな…
 だとしたらアリババに「あの、どこかでお会いしませんでした?」って言って欲しかった

魔法を出すヤムライハ
アリババは炎で防ぐ
アラジン「どうだいヤムさん」
ヤムライハ「なかなかいいわね」

修行をするシャルルカンとアリババ
アリババ(くそ・・・)
シャルルカン「全然だめだな」
落ち込むアリババ
シャルルカン「お前に合ったもっといいやり方がある
今日はここまで」


噴水で休憩する二人
モルジアナがやってくる
マギ5

卷族器ができたよう
足飾り。模様は暗黒大陸の象徴
マギ6

マギ7

さっそく装着するモルジアナ


 イヤッホォォォォォっォオォおおおおお!!!
 最高だぜモルジアナ!!
 おい、かなりギリギリだぞ!!!
 これ見えてるだろ!!なぁ!!

マギ8
アラジン「鎖も綺麗になったね~」
アリババ「踊子の飾りに似てるな~」
アラジン「モルさん早く見せて~」
マギ9

モルジアナは蹴る
マギ11

鎖は、二人をしばりつける

 ワロタww
 釣れてんじゃねーかww

モルジアナ「すいません!すいません!!」
(戦いにどう使えばいいかわからない・・・)
まず最初に自分が何をしたいか考えるといいとアラジンはアドバイスする
マギ12

モルジアナ「私はお二人の役に立てるような強さが欲しいです」
アリババ「あれは助かったなぁ
俺をぶん投げたあれ」

アラジン「すごいね、モルさんがいると僕達は根が生えたようになっちゃうね!」

モルジアナ「私がお二人の羽・・・
マギ10
分かりました」

アリババ「ちょっとまて、今何を考えた」


 羽じゃねえww

マギ13
白龍と紅玉がやってくる
シンドバッドから3人とともに行動しろと言われていた
白龍「アラジン殿。姉を救ってくださり、本当に感謝しています」
白龍を見るアリババ
紅玉「怖い目…
マギ14
バルバッドではお互い色々あったけど今は休戦するべきじゃなくて」
マギ15

握手するアラジンと紅玉
マギ16

アラジン「痛いじゃないか」
紅玉「そっちこそ痛いじゃない!」


 黒いアラジンカットかよ!!!
 ここのギャグパートはもう少しやってほしかったな

白龍「アリババサルージャ殿。あなたも内心では憎んでいるのでは?」
また左腕がうずく
アリババ「おれは・・・」
(憎め・・・)
マギ17

アリババの左腕から紫のアザが
(もっと憎め、もっと殺せ)
アリババ「ぐああああ!!」

 なんなんだこの改悪は
 アリババは全く恨んでないはずだろ
 それを知っていてシンドバッドは「彼はいい手本になる」って原作では言っているのに
 ここでまたうじうじアリババ悩んでいたらダメだろ
 しかも変なヘビが出てきているし
 普通に原作どおりにやれよ・・・
 なんでこんな糞みたいな改変したんだよ
 スタッフマジでマギ読んでないだろ・・・

ベッドに横たわるアリババ
シンドバッドが入ってくる
(これだけそそのかしても動かぬか)
マギ18

アリババの腕からアルサーメンが
シンドバッドが切りつけるが、すぐに再生

シンドバッドに返り血がつく
アルサーメン「それは私たちからの挑戦状だよ
それはルフを黒く染めていく…
すなわち堕転。
堕転の闇で待っているよ」

消えるアルサーメン

 そうきたかー…
 大分変えてきたな・・・
 いや、どうすんのよこれ

マギ19
シン「気に病む必要はない
これは魔法の一種だ」

だが、ヤムライハでも解けそうもない
シン「一つだけ可能性がある」

ここよりさらに南にある迷宮ザガン
そこにいるジンなら救ってくれるかもしれない


 はああああ!?
 なんだその設定!!
 ザガンにはそんな力ないだろうし性格的に絶対に救わないだろ!!
 無理にザガンに行く理由を作った感じだな
 普通に原作通り「君達に働いてもらおう!」で充分だったのに
 むしろそっちのほうがワクワクしたぞ!!

 アラジンのソロモンの知恵でアリババの中に入り
 そこでまた一つ重要な事があるけどそれもカットだろうな…
 そういう大事なものを全部カットするから糞なんだよな・・・

シン「君達だけで行けるか?」
シンドバッドは迷宮を通ろうとすると何も起きない
アリババ「おれたちだけでやってみせます!」
白龍「おれも同行させてください」
だが、相当の危険を伴う
白龍「危険は覚悟の上です!」
わざわざ今迷宮を攻略しなくてもジュダルがいる。だが
白龍「彼の力だけは借りるわけには行きません…」
シン「同行を認めよう」

船で島に向かう
悩むアリババ
マギ20

ピスティ「そんな深刻な顔して思いつめると
力を発揮できないぞ!」
ピスティがやってくる


 ピスティキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
 うん、素晴らしい!!

すると、船に怪物が
ピスティ「私に任せて!」
鳥に乗っているピスティ
マギ21
怪物を一瞬でてなずける

ピスティはルフの波長を合わせて動物と仲良くなるのが得意
アリババ「ありがとうピスティ・・・ちゃん!」

ピスティ「私の事もお姉さんって呼んでくれないの?
私アリババ君より年上だよ
マギ22
こう見えてもお兄さんだし君達より色々と豊富なんだぞ」


 ピスティって結構きわどい服を着てるんですね
 この服装結構ヤバいだろ!!!
 素晴らしいけど!!

マギ23
胸を触るアラジン
アラジン「おねえ・・・さん?」

マギ24
ピスティ「ひどいアラジンくん!」
マギ25
どうしてこう男の子ってタプタプしている女の子が好きなんでしょうね」


 さすがマギ!!
 俺たちにできない事(ry

白龍が作った料理を食べる

出発前、心の声の事をシンドバッドに相談していた
マギ30

シン「君なら大丈夫だ
それを乗り越え、許す事もまた君に与えられた試練だ」


シンドリア王国
マギ26
ジャーファル「あなたならよけれたはず」
シン「おれも染まってた方がやる気になる」


 なんだよその理由…
 この後シンが圧倒的な力でアルサーメンを殺すのはカットか…?
 あそこがまたシンドバッドのチートっぷりが見られていいところなのに
 しかもシンドバッドが既に堕転しているって相当重要な設定だけどな、それすらなしか
 そういうのもしっかりやれよ・・・

島に到着する
マギ31
アラジンは人にぶつかる


 このアルサーメンとは戦うようですね
 あと3,4話なのにどうやって終わらせるのか・・・

マギ27
一人の女の子が近づいてくる
「私も一緒に連れてって下さい!」
マギ29

ザガンは迷宮に近づくものを引きずり込んでいるらしい
マギ28

「私が父と母を助けるしかないんです!!お願いします!!」
アリババ「ダメだ」
「でも、助けたいんです」
白龍「分かった。
俺が必ず君の両親を助けだす
それでどうだ」

アリババ「白龍…」

 あれ?トランの民って言葉通じるの?
 まーた改変か・・・
 トラン語があるってのは重要な設定だろ!!これにより世界の謎がまた深まるのに
 なんでそういうのをことごとくカットするのかな

 しかもアブマドとサブマドがいない!!!!
 これが1番納得いかない
 まあ確かに糞みたいにカットしまくるからバルバッド編からあまり時間が経っていないが
 ここであの二人が働いているって相当大事な事だろ!!
 アブマドが改心していて、キャラのその後が描かれているのに!!
 この改変が今週1番納得がいかない所でした

小舟で迷宮まで近づく
マギ32

腕に卷族器をつけているモルジアナ

ザガンの入り口がひかる
4人を連れて行ってしまった

アリババ(この感じ…知ってる・・・
マギ33
また、ここに来たんだ!この試練、絶対に乗り越えてみせる!)


今週もふざけた改変の連続でした
シンドバッド編はこうした改変が続くため、全く楽しめない
本当に大事な所ばかり削ってるんだよな・・・
特に今週許せなかったのは
・アリババの白龍に対する態度
・アブマドとサブマドがいない
この二つは本当に許せない
吉野は原作読んでないんじゃないか?って疑うレベルの改変
こりゃあマギのアニメは糞だって言われてもしょうがないです
作画もあまり良くありませんし
これならアニメやらない方がよかったなあ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アリババ関連の改変は尺の都合とかあるんでしょうけど
これは確実に白龍のアリババに対する
愚痴のやり取りはカットされるでしょうね。
しかし考えようによっては内容は違えど
アリババのうちに秘められた葛藤を
アニメならではで表現される可能性もあります。
例えば原作では白龍の愚痴を聞いた末に
自分が1人で突っ走った事を今でも後悔してるシーンは
呪いを乗り切る時に「許せないのは煌帝国でも白龍でもなく、
俺自身だ!!!俺が1人で突っ走らず
もっと早くみんなに頼っていたら
あんな事にはならなかったかもしれない!!」
とかそういう感じにアニメならではの
アリババの後悔の念を語る可能性もありますから。
イスナーンの悪魔のささやきを
憎しみから自分自身の後悔へと方向転換させるとか
そんな感じです。
2013/03/03(日) 15:11:42 | 花月(かづき) | #wjl3HOEA[ 編集]
>>花月(かづき) さん

自分にはうだうだ悩んでいる情けない姿に見えました

煌帝国のことは恨まないときっぱり決め、自分が何ができるのかと考えたアリババの姿を見て
シンドバッドは白龍に「アリババに会うように。彼はいい見本になる」と話したと思っています

漫画で読んだ時にも、白龍に「恨んでない」というアリババには成長したんだなという感じを抱きました
それが全部なくなったのが非常に残念でした

もちろん、バルバッドでの自分の行動への後悔はあると思います
2013/03/10(日) 11:39:46 | MBJ | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1117-c4084088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
煌帝国を滅ぼすためシンドバッドに協力を頼む白龍。 シンドバットは早急な答えを与えず、アリババに付いて外の世界を学ぶよう提案。 それがまさかの冒険行になるとは(^^; 8人...
2013/02/24(日) 22:07:32 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。