興味神神~サンデー感想日記~ マギ『鬨の声』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギ1

アラジンの下に岩石が落ちる
マギ3
だが、アラジンは魔法で防いでいた
マギ4
「初めまして私はドゥニヤ・ムスタシム」
アリババ「ムスタシムだって…」
ムスタシムは10年前にマグノシュタットに滅ぼされた国

ドゥニヤ「私が殺してさしあげます
この闇の金属器で」

アルサーメンが作り上げた金属器
ドゥニヤ「組織に私の力を見せたいの」
マギ5

金属器で自分を刺す
マギ6

その姿はカシムにそっくりだった
アリババ「やめろ・・・やめろカシム!!」

マギ7
ドゥニヤは黒いジンになった

アリババ「うわあああああああああ」


ここのシーンでアリババが原作より細かく書かれていたのはいいと思います
原作ではカシムの描写はあるにしてもかなりあっさりしたものでした
ここでアリババが発狂してもおかしくないですから

砂が黒いジンに集まっていく
ドゥニヤは砂鉄や鉱物を操れる
砂が鋭くなって攻撃してくる

アラジン「落ちつくんだアリババ君!!」
アラジンが魔法で攻撃する
アリババが斬りかかろうとするが、イサアクに止められる

宝物庫の前まで来た白龍

シンドリア
ジュダル「なあシンドバッド俺は本当にお前と組みたかったんだぜ
最近気づいたんだ。めちゃくちゃ強いお前とは殺し合う方がもっと楽しいんじゃないかって
だからよ間違ってもオヤジたちに殺されんじゃないぞ
今の煌帝国は凄いんだぜ!!
マギ8
ダンジョン攻略者が5人もいるんだ!!
マギ9
中でも紅炎はいい
俺の煌帝国がシンドリアを滅ぼすんだ!!」


うーん…
こんなに煌帝国の攻略者紹介しても登場しないんだよなー
それが残念です

「滅ぼすってどういう事ジュダルちゃん」
紅玉が出てくる
ジュダル「お前も武人として国の為に戦いたがってたじゃないか」
マギ10

紅玉はシンドバッドを見る
ジュダル「とにかく、俺が言いたい事は、俺が殺すまで死ぬなよ」
ジュダルは帰っていく
シン「構うな。今は奴と戦う時ではない」

シンドバッドは宮殿に帰っていく

八人将と会議
結界をすぐに回復させるのは不可能

シン「真っ向勝負だ
例え王になろうとも俺はダンジョン攻略者なのさ
ついてきてくれるか?」
マギ11

ジャーファル「いまさら、我ら八人将に何をおっしゃいますか、王よ」
兵隊たちが準備をする
一人でいるシンドバッド
紅玉が部屋に入ってくる
紅玉「あの、我が国の神官が大変な無礼をしました
マギ12
決して決して・・・」

シン「姫君、大丈夫ですよ
今問題となるのは・・・」

紅玉「組織、ですね
私は違います!」
マギ13

紅玉の手を握るシンドバッド
シン「私はあなたに傷ついてほしくない
どうか、この国に留まってください」

紅玉「でしたら、私をおそばにお置きください
あなたが望むなら、あなたのためなら私」

シン「それ以上言って行けません
どうかお気もちの済むまでこの国にいてください、姫君」
マギ14

冷たい目をするシンドバッド


計画通り
って事か!!
この事に関する祭りでのシンドバッドとジャーファルの会話が好きなんだけどなー
アニメじゃやらなそうだな…

マギ15
アルサーメンがシンドリアにやってくる

まさかこいつら登場か!!
こういう形で出てくるのか!!
なるほどー
ということはモルジアナの腹パンは結局なさそうだ!!
だけど・・・だけど・・・
ヤムライハの「あれ」は見れるかもしれないぞ!!
原作どおりの戦いをやってくれるなら、あれが見れるぞ!!!
いやっほぉぉぉぉぉおおおおおおおお

アリババ(早い!あんな重そうななりをしてるのに!)
イサアク「無様な剣だな」
イサアクの攻撃を防ぐアリババ
アラジンのボルクもやられてしまう

アリババ(こいつは)
マギ16

アラジン(この人は攻撃力で僕上回ってる
アリババ(剣技で僕を上回ってる
マギ17

(でも、これで終わりじゃない!)
マゴイの球でジンを攻撃
アリババも魔装を解く

アリババ(あれから、俺なりに考えた王宮剣術を
俺にとってのいいやり方ってのは
マゴイを抑え込んで制御するんだ!)
マギ18

剣が小さいまま、魔装する
攻撃をするアリババ

イサアク「多少ましになったか
だが、及ばない」

イサアクの鎧が砕ける
マギ21

マゴイ弾で押され始める
イスナーン「マゴイ不足!!」
マギ19

ヤムライハ「忘れないでアラジンくん
君はマギルフに愛された無尽蔵の場語彙が
誰にも負けない君の武器なのよ」

ヤムライハの言葉を思い出す
マギ22

マゴイで抑え込まれる
マギ20
アリババはイサアクの両手両足を切る
マギ23

イスナーンが二人を攻撃する
イスナーン「君達の力は素晴らしいね
君達には闇の金属器のさらなる力を見せよう」
マギ24

マギ25

ドゥニヤは過去を思い出す
 マギ26

ドゥニヤ「いやああああああああ」
黒いジンがさらに姿を変えた


 いやっほぉぉおおおおおおおおおおおおお!!
 最高じゃないか!!
 これはなんという嬉しい追加!!
 全身魔装もなかなかギリギリの格好だったんだな!!
 最高だ!!
 ドゥニヤ!!

イスナーン「これこそが闇の全身魔装だよ」
マギ27

ドゥニヤ「今度はこの姿でお相手いたしますわ」
アリババ(今までより鋭くて強い力を感じる)
武器の先が変化する
アラジンは鎖に縛られる
アリババが斬る
アリババ「こっちは2対1だ!」

倒れているイサアク
マギ28
だが、両手両足がくっつき再生する
マギ29

イサアクは瞬間移動する
アリババは避けるので精一杯
マギ30

白龍「後ろです!!介太刀します!!」
モルジアナを宝物庫に入れたよう


 宝物庫のシーンはこれでカットでしょうね
 恐らくもう白龍はザガンを手に入れてるな…

アラジン「アリババくん、時間を稼いで戦おう!」
ジンはマゴイが尽きる
イスナーン「そんなことをしていていいのかな」

シンドリアにアルサーメンが近づいている
アリババ「あの国を戦いに巻き込むつもりなのか!」
イスナーン「君達のせいだよアリババ王
君の行く所常に混乱があり戦いがありそして死がある
それが君の運命なのさ」

白龍「耳を貸さないでください」
イスナーン「ドゥニヤ、彼はお気に入りだ。生かすんだ」
マギ31

ドゥニヤ「それはムリですわ
私の極大魔法で
極大魔法レアバルト」

黒いルフが一気に集まる
アラジン「あれはちょっとまずいかもしれないよ!!」

アリババ「一刻も早くザガンの力を手に入れてシンドバッドさんに届けるんだ
お前らの思いだお降りにさせるか!!」
マギ32

ドゥニヤの上に六芒星が

マギ33
シンドリアに近づくアルサーメン
マギ34

ヤムリアはたちは構えている
シンドバッド「この国は俺と俺の国民たちの自由の砦だ
何人たりともそれを壊させない!!
マギ35
シンドリア行軍出撃せよ!」


アニオリ展開で最終回に向けて盛り上がってきましたねー
ザガンでのアルサーメンとの戦い、シンドリアでの戦い
この二つの同時進行→勝利でEDでしょう
ドゥニヤの過去はちゃんとやれるのか・・・
後2話で一体どうやってまとめるのか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>ヤムライハの「あれ」は見れるかもしれないぞ!!
>原作どおりの戦いをやってくれるなら、あれが見れるぞ!!!
それはお色気的な意味の方ですか?
それとも術に関しての事ですか?
2013/03/18(月) 01:31:04 | 花月(かづき) | #wjl3HOEA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1136-ed8856f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
モルジアナが負傷し、イスナーンと戦えるのはアラジンとアリババのみ。 イスナーンが伴って来たドゥニヤ王女と騎士イサアクと対決! 一方、シンドリアではジュダルが宣戦布告。 紅...
2013/03/17(日) 21:12:40 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。