興味神神~サンデー感想日記~ ムシブギョー『月島仁兵衛 いざ参る!!!』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムシ1


「父上、見ていてください
この月島仁兵衛かならずや江戸でのお勤め立派に果たしてみせます」

仁兵衛の前に巨大なクマが
刀を抜く
ムシ2

仁兵衛「きっと江戸には
虫奉行所には父上のように強いお人がいる!」


江戸
屋根の上に入る男
「無涯様」
無涯「今日もまた、巣くっていやがる」
ムシ3

空をとぶ

江戸の町
仁兵衛「ここが江戸!!
おはようございまーす!」

拝啓、津軽の父上様
虫奉行所でのお勤めを始めます
武士たる自分が決めた道
粉骨砕身で
虫奉行所へ
ムシ4
向かっております~

仁兵衛「江戸の人は迷子に冷たいでございます」
ムシ5

「あの・・・」
ムシ6


団子を食べる仁兵衛
仁兵衛「申しおくれました、自分は月島仁兵衛と申します」

春「私は春と申します
この茶屋の娘です」
ムシ7

仁兵衛(なんとぉおおおお!)


 うっひょぉおおおおおおおおおおおおおおお
 月曜の夕方からこんなものを見れるなんて!!!!
 素晴らしすぎる!!!

じいさんと二人で店をやっている春
両親は小さいころに亡くなった
春「江戸ではよくある話ですから」

春に道案内をしてもらう
春「仁兵衛さまはどうして虫奉行所に?」
ムシ8

仁兵衛「父は動けぬ身
ですから、自分が代わりにお勤めを果たしいと申したのです」

春「ご立派ですね」
ムシ9

仁兵衛(お春殿こそやはりご立派あああ)


 素晴らしい!!!!!
 こんなに揺れるなんて!!!!!
 立派すぎる!!!!!!!!

虫奉行所は10年前、目安箱に投書した事で作られた

ムシ10
春「私の両親みたいに襲われないよう
みんなを無視から守ってください」


遠くから叫び声
仁兵衛が向かう
そこには、人の皮だけが
ムシ11

巨大な蜘蛛が上にいた
仁兵衛(似ている・・・あの時の化け物に)
屋牢蜘蛛
仁兵衛「やめろおおおお!」
刀で切ろうとするが、返り討ちにあう
もう一回切りつけるが、やられてしまう

蜘蛛は屋根の上に登る
「待つんだ虫奉行所の物がこちらに向かっている」
男の人が来る
ムシ12

松ノ原小鳥
仁兵衛「月島仁兵衛と申します」
小鳥「私が呼んだのは、父上だろう?」
仁兵衛「父はもう動けないのです
父の左足を自分が奪ったのです」


藩主様のご子息のお守りをしていた時の事
ムシ13

今のような化け物に出会ったが
藩主様のご子息に恥をかかせてしまった

父は自分の代わりに罪を償う為
足を切った


 ここの説明はもう少し欲しかったです
 なぜ、足なのか?
 仁兵衛の父が藩の中でどういう立場なのか
 ちょっと説明不足感がありました

仁兵衛「自分がふがいないばかりに・・・
ですから自分は父が誇れる立派な武士になり
お勤めを果たしたいのです!」

小鳥「並のものには勤まらない」
仁兵衛「ありがとうございます!
決して並でない事をお見せします!」
ムシ14

蜘蛛は春をさらっていった

 いやいや、これはアウトだろwww
 それでも素晴らしい!!!!
 夕方からテレ東でこんなのを見てるとは・・・

虫を追いかける仁兵衛
仁兵衛(お春殿・・・)


ムシ15
「野郎グモの仕業ね・・・」
3人の男女が向かう

小屋にいる蜘蛛

周りには死骸が
春「いやあ」
蜘蛛は春を襲う
ムシ16

春「いやあああああ」

 こりゃやばいだろ!!!!
 夕方だぞ!!!!
 まさかここまで再現してくれるとは!!
 素晴らしい

仁兵衛「助けに来るのが遅くなって申し訳ございません!」
春「仁兵衛さま!」
蜘蛛に剣を構える
仁兵衛「月島仁兵衛、参る!!!」
蜘蛛の攻撃を避ける
仁兵衛(焦るな
ムシ17
常住戦陣の心構えであれ!!)

蜘蛛をたたき斬る
だが、天井には大量の蜘蛛が
奥からもやってくる

仁兵衛「これほどの敵が・・・」
ムシ18

液体をかけられて刀が使えなくなる
横から巨大な爆発が
3人の男女
ムシ21

少女が爆弾を投げる
蜘蛛は一発でやられる


 うおおおおおおおぉおぉおおお!!!
 ふんどしはセーフなんだな!!!
 パンツじゃないもんな!!!!!
 とはいえこのシワは…
 これはきわどいなw

ムシ19
小鳥「彼女は火鉢君
火薬を得意とする忍者の一族の松枝よ」
恋川春菊
罪人さ」

蜘蛛を切りつける
ムシ20

小鳥「一乃谷天馬くんは式が身を使えるんだ
彼らは蟲退治のスペシャリスト
これが蟲奉行所の実力差」

蜘蛛を次々にやっつける
ムシ22

だが、蜘蛛にやられてしまう仁兵衛

蜘蛛は春を狙う
春「いやあああ助けてえええ」

仁兵衛は思い出す
仁兵衛(聞こえる、誰かの鳴き声が)


「武士が敵前で憶するとは情けない・・・
武士というのは…」

仁兵衛「僕のせいで」

「今武士の道を説いている!!!」
仁兵衛「いつか、父上のような日本一の武士になりたいです」

「てめえの後ろに入る人をどんなに
ムシ23
お前は人々の不安を消し去る綺羅星となれ
できるよな、仁兵衛
お前はワシと同じ死ぬまで勝ち続ける武士だろうが!」

仁兵衛「はい、父上!!」

蜘蛛を止める
仁兵衛(なんたる大失態!!)
「お春殿は、どうかご安心ください!
こんな化け物ごと気に指一本触れさせませんから
ムシ24
誰よりも、強く父上を超えて!」

蜘蛛を切りつける
仁兵衛「死ぬまで勝つ!!
常住戦陣!!」
ムシ25

虫を刀でたたきつける


 戦闘シーンの迫力もいいですね
 かっこいいです
 血ではなく墨を使うとは

小鳥「すごい、これほどとは・・・」
 ムシ26

小屋の上から巨大な蜘蛛が
春「仁兵衛さま、もう逃げて!!」
目の焦点が合わない
蜘蛛は襲ってくる

突然光る
ムシ27

仁兵衛(星を見つけた)
ムシ28

華麗に剣を切る男
仁兵衛(小さいころ見つけた綺羅星のような星を)
蜘蛛は死ぬ
ムシ29

春「ありがとうございます、仁兵衛さま」

春「何をお願いしてるの?」

「この町を守ってくれますように」
「江戸のみんなで大事なお春を」


男は去っていく
仁兵衛「助けていただきありがとうございました!
名を教えていただきたい
剣で借りた御恩は剣で返させてください!
いつかあなたのようになって・・」
ムシ30

去っていく無涯
火鉢「ふん、
無涯様と話そうなんて100年早いよ」

小鳥「仁兵衛君
来るんだよね蟲奉行所に」

仁兵衛「はい!」
ムシ31

小鳥(月島仁兵衛…これはよい人いものをしたかもしれませんよ
虫奉行様)


非常に素晴らしい出来でした!!
原作をベースに、春、蟲奉行所メンバーを全員出せるように上手く変えてきました
それぞれの活躍も見られ、仁兵衛も最後は活躍
ベタですが、綺麗にまとめられた1話でした

しかし作画が素晴らしい!!!!
このクオリティを2クールも保てるのか…?
原作の漫画をそのままアニメにしたような完成度
しっかり動いてくれるし
原作テイストで本当に素晴らしい!!!
お色気もたまらん!!!!

気になるのは仁兵衛の声ですね
あまり上手くないですね
叫び声や、大きい声が全然できないです
仁兵衛はかなり大きい声でもっと熱い感じで演じて欲しいです

1話で大分入れ替えてきましたが、2話は果たしてどうなるのか
アニメの最初の評価は3話終わった段階までなので、まだなんとも言えませんね


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1155-65893071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
常住戦陣!“死ぬまで勝ち続ける武士”を目指す月島仁兵衛は、 江戸「蟲奉行所」でのお勤めを志願する。 人々の平和を守るため、強烈個性の仲間——孤高の天才剣士・無涯、発破の
2013/04/09(火) 00:23:59 | 空 と 夏 の 間 ...
ジン:江戸での勤めを立派に果たして見せます。虫奉行所には強い人がいる・月島仁兵衛(つきしまじんべえ)声-KENN←ユウセイ・・・ここが江戸。おはようございまーす→道に迷うc)...
2014/01/14(火) 17:49:30 | ぺろぺろキャンディー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。