興味神神~サンデー感想日記~ ハヤテのごとく!第404話~北海道で置いてかれたナギ…ヒッチハイクで京都へ!!~

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第404話「京都・伊勢 決着編[第六夜]祈るように」
ハヤテ_0001

スポーツカーは用法・容量を守って正しくお乗りください。

面白いまんがを書くために面白い体験をすることにしたナギ

京都に旅行に行くはずが、なぜか北海道についてしまう
北海道でカユラに出会うが、ナギはパーキングエリアで一人になり・・・

ハヤテのもとにカユラから電話が
ハヤテ_0002
カユラ「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
  「私はナギとバスに乗っていたと思ったら、いつの間にか伊澄と乗っていた」  …
な・・・何を言っているのか わからねーと思うが、
催眠術だとか超スピードだとか  そんなチャチなもんじゃあ-」

ハヤテ「そういうコピペみたいのいいですから」


 ワロタwww
 ジョジョネタを使ってくるとは
 せっかくだからカユラにはポルナレフのパロをやってほしかったw

カユラ「あれ!?伊澄もいない!?あれぇ!?」
電話が切れてルカがやってくる
ハヤテは助けに行かない
ハヤテ「これは…お嬢さまが自分から言い出して自分で决めた事。
だから…きっと…がんばってくれるって…」


 なるほどねー
 これが虹の里でハヤテがナギに聞いたことにつながってきますね
 徐々にハヤテのナギに対する思いが変わっていっています

その頃ナギ
ハヤテ_0003
ナギ「ギァァあぁああ!!!」

スポーツカーに乗っていた
目が覚めると、周りには琵琶湖が
「ランボルギーニの最高速度は324kmだからな。だから時速300kmで走っても全然平気
なんの…問題もない!!」

ナギ「法律的に問題あるわボケェエエエエ!!」
ナギを助けた女性
ハヤテ_0004
ドクター黒須。医者

黒須は太陽に向かって手を合わせる
黒須「よしっ!!では京都に行くか!!」


 ここに来て新キャラかー
 ナギが一人でどうにかするのを期待していただけに
 このような解決は微妙です
 それに、どうしようもできないから仕方なく新キャラで解決しました感がとてもする
 もうこれ以上ハヤテに新キャラはいらないんだよ…覚えられないよ…


縁側で空を眺めているハヤテ
ルカ「やっぱり心配なんじゃない
ハヤテ君は、ナギの執事を一生続けるの?」

ハヤテ「一生は…ないと思っています」

借金を返済し、ナギが一人でも幸せに生きていけるようになった時、ハヤテは執事をやめる
ハヤテ「そしてその時は…
ハヤテ_0005
そう…遠くないんじゃないかなぁって…思っています」


 とうとうハヤテで終わりが見えて来ましたね
 といってもまだまだですがw
 やはり出会ってから1年
 なんかこうして見ると寂しいですね
 でもハヤテ、今の調子で働いていると借金完済まであと40年くらいかかるぞ!

一方その頃カユラ
まだ捜していた・・・


どっちかっていうとカユラの話を見たいwww
つーか伊澄どこ行ったんだよww


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1185-44e58d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。