興味神神~サンデー感想日記~ 銀の匙『八軒、ギガファームへ』

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
匙0

バイトをしている八軒

「すっかり農家の男になってきたんじゃないの」
八軒は休みをもらう

匙1
ギガファームにやってくる
八軒「多摩子!!」
匙2

「多摩子のお友達かね?
多摩子の父です」

八軒(頑張りすぎだろDNA!)

テラミサワwwww

建物に入ろうとする八軒
多摩子「何やってんのよ八軒!!
靴を消毒!!常識でしょ!」

建物に入る
匙3
ロータリーパラー
足をけがして処分される牛

多摩子「慈善事業じゃないのよ!儲からない、きついなんて前時代の農業じゃ戦っていけないわよ」

御影「たまちゃんはすごいね、しっかり考えていて」
多摩子「経営者志望ならしっかり考えなさいよ」
「見学終わった?
匙4
いつも娘がお世話になっております」

八軒(おかん!?)

おかん美人www
なんだよこの家族wwww

多摩子は飲み物を取りに行く

八軒「しっかりした娘さんで」
「しっかりかしら…?
継がなきゃって気持ちで進路を選んでるんじゃないかって心配で」

多摩子が戻ってくる
「もっとふらふら考えていいのよ」

多摩子「何か勘違いしてるみたいだけど
匙5
私はお金が大好きです!!
匙6
私がここに就職したいのは経営に口出ししたいから!!
父さんはお払い箱よ!!」


いやー気持ちはわかるがここまで言い切るかww
というかこのシーン、よく動くなあ

御影と2人きり
八軒「あのさ、御影
家を継ぐことで悩んでいるのか?
そうだ!俺で良かったら相談にのるよ!」
(アホか俺!!)
匙7

御影「ありがとね、気持ち嬉しいよ
八軒くんってさ、ウマみたいだよね」

牛の出産が始まった
八軒「俺何やらされてんの?」
匙8

みんなで牛を引っ張る
匙9

「まずいな、息をしていない」
人工呼吸
匙10
息をし始める

「どう?生命の誕生って素晴らしいでしょ」
八軒「グロい…」
「感動したでは?」
八軒「無理無理無理ないないない!!」

これが一般人と農家の差ですねw
確かにグロい!
漫画ではなんとも思わなかったけどやっぱり色がついて動くようになると…
はい、リアルですね

仔牛の小屋へ連れて行く
牛の初乳を出す
八軒「これ、やってみていい?」
だが、八軒はそっぽ向かれる
多摩子が飲ませる
匙11

八軒(親に相手にされてなくて食肉運命)
「そのつぶらな瞳で生きてくれよ!牛丼!!」


帰宅
八軒「不思議だよな
経済動物って突き放す割に、情で運営方法が変わるなんて
なんつーか、この業界ってシビアだけどさ答えはひとつじゃなくていいんだって言ってくれてる気がする」


馬を見る
八軒「あのさ、本当こういうのおせっかいかもしれないけど
家を継ぐこと悩んでることあるのか?」

ウマがやってくる
匙12

御影「本当はね、馬関係の仕事につきたいんだ
期待している家族をがっかりさせたくないからね
家族の期待に答えなきゃってところは一緒かな」

八軒「一緒じゃねえよ
親にきちんと話してないんじゃないか?
夢のことちゃんと話せば分かってくれるんじゃないか?」

御影「なんで人のことに精一杯なの?」
八軒「夢があって真剣な人が夢がかなわないなんて嫌だよ!!
御影は真剣だし…」

馬がやってくる
御影「お人好しだよね
そういうところ、本当馬みたい」


御影「人をよく観察するってのは臆病の裏返し
臆病で繊細で仲間思いなの」

八軒「面倒くせー」
御影「その面倒くささがまたいいっしょ」

八軒(つまり、そういうことですか御影さん)
「御影さん!!俺!!」
匙13

御影「父さん、お帰りー」
もうすぐ夏休みが終わる


今週も良かったです
こういう生産者の苦労や、農家の実態をしっかりと伝えていくべきですね
お金のために生き物を育てていくことがどれだけ大変なのか
それがよく伝わりました


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1299-0451f4ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
銀の匙の第7話を見ました。 第7話 八軒、ギガファームへ 御影家でのアルバイトの息抜きに多摩子の父親が経営するギガファームの見学に八軒と御影は行くことにする。 果てし
2013/08/23(金) 21:34:41 | MAGI☆の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。