興味神神~サンデー感想日記~ マギThe Kingdom of magic『出航』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギ0

遂に出航の日
ヤムライハが荷物の確認

モルジアナもやってくる
暗黒大陸に行くよう

マスルール「よく決心したな…」
モルジアナ「それは、白龍さんのお陰です
ありがとうございます」

白龍「それは…本当によかった…」
マギ1

アラジン「お兄さんの周りのルフが桃色だよ
何だいこれ?」


こんなたくさんの人の前でそんなこと言っちゃったらバレちゃうだろ!!w
原作だと3人しかいなかったからセーフだったけど
しかしこの笑顔のモルジアナいいなあ

ヤムライハはアラジンのルフの瞳を渡す
これで交信ができる

「良い旅になることをお守りしています」
アラジン「お兄さん誰?」
「私は八人将の…」
アラジン「冗談だよスパルトお兄さん」
スパルトス「スパルトスです…」


スパルトスクソワロタwwwww
ごめん、俺も忘れてたわwwwww
この出航の場面で八人将みんなと別れの言葉を交わすのは良かった
しっかり出番与えているけど金かかってそうだな~

ジャーファルと白龍
ジャーファル「力になりましょう
ずいぶんと良いお顔になられましたね」

白龍「この御恩は一生忘れません」
見送りにも来ていないアリババ
シンドバッド「何を言っているんだ」

船が出て行く
モルジアナ「とうとう現れませんでしたね…」

アラジン「アリババくん…
マギ2
ボクらはバラバラになるわけじゃない
また必ず会えるさ!」
マギ3

物陰にいるアリババ

マギ4
(オレの名はアリババ・サルージャ
アラジンたちと同じ船に乗っている
一緒に行くというタイミングを逃してしまった
だが、部屋で待ち)


アラジン「アリババくん何でここに!?」
マギ5

アリババ「ちょっと決意したことあってな」

(仲直りも完璧だ!!)

アラジンたちが来る
「ステキな部屋だね!!」
マギ6

(部屋間違えた!!


アホすぎるwwww
いやーさすがアリババくん

…まあ、もう少ししたらきっと…)
 
アラジン「なにか物足りない気がしないかい?」

白龍「アリババ殿ですよ!!」
マギ8

アリババ「おいおいお前ら情けないな」
アラジン「アリババくーん!!」
マギ9

アリババ「そんなこったろうと思ったぜ」


だからだれだよこいつwww

アリババ「これだ!!」

白龍「え?オレがモルジアナ殿のとなりですか!?」

モルジアナ「かまいません」
アラジン「…
何か物足りない気がしないかい?」

白龍「物足りない?
ア!!
マギ10
朝ごはんですよ!!」

「わーい」
マギ11

アリババ(何がわ~いだ!)

朝ごはんウマそうだなー
スタッフの気合が分かるwww

白龍「正直みなさんはどう思ってるんですか?
アリババ殿のことですよ」
マギ12

アラジン「アリババくん、ねえ」

アリババ(なにその気のない返事)

アラジン「まあボクが地上に出てほぼ初めて会った人だからねえ」

アリババ(え!?そうなの!)

アラジン「長く付き合ってみると見えてくるものがあるのさ
アリババくんはね
マギ13
モテないんだ
ボクが綺麗なお姉さんといると
いつも物欲しげな目でこちらをジーっと見てるんだ」

マギ14

白龍「それはモテないですねえ」
モルジアナ「私も以前奇妙な行動を見たことあります
マギ15
部屋で下半身をあらわにして待ち構えていたのです」

「さいて~」

アリババ「あんな調子のいいこと言っておいて…
なのに…
マギ16
俺のことを内心そんなふうに思ってたのか!!
畜生…」
マギ17

ドアが開く


クソワロタwww
アリババくんかわいそうすぎwww
ここは原作でも笑ったなあ

アラジン「許しておくれよアリババくん」
シンドバッドからアリババのことを聞いていた

白龍「男のくせに泣きすぎです…」
アリババ「てめえに言われたくないわ!」
アラジン「全部冗談だよね、モルさん」
モルジアナ「私は本当です」

マギ18
修行のために船に乗った
レームで剣闘士になるというアリババ


修行しても全身魔装出来ないのには理由がある
魔力が変質していた
シンドバッドは1年間魔力操作の村に行った

アラジン「それは一体何だい?」
マギ19

白龍「ヤンバラが住む村のことですよ!!」

だが、ヤンバラは流浪の民

アリババ「実はヤンバラに会えるんだぜ!そこは…」

白龍「レームのコロッセオです!!」
アラジン「すごいんだね!
マギ20
アリババくん、それで?終わり?」

アリババ「終わりだよ!」

やっぱりアリババくんは俺らのアリババくんだ!!
残念な主人公だなあ
「終わりだよ!!」でEDに入ってくれたらよかったけどなw

シンドリア
夕食を食べるシンドバッドと師匠たち

ヤムライハ「アリババくんまで乗っていたなんて!」

シャルルカン「実はな…」

マギ21
アリババ「聞いてくださいよ師匠~」
飲みに来た二人

シャルルカン「愚痴かよ!!」
アリババ「俺達一緒に旅してきたのに~」

シャルルカン「じゃあ武者修行してくりゃいいじゃん」

ごめんなさい
やっぱり愚痴ババやりましたね
でもこんな形になっちゃうとは…
最後の「帰れ愚痴ババ」までやって欲しかった
なぜカットしたのか

シャルルカン「誰の弟子が育ったのかはお預けだな」
ヤムライハ「アラジンくんよ!」
マギ22

シャルルカン「いつ決まったんだ!!」
マスルール「モルジアナっすよ」
喧嘩を始める
シンドバッド(みな無事に成長して帰ってこい)

マギ23

マギ24

マギ25

マギ26

マギ27

マギ28

マギ29

マギ30
船旅の途中

まさかの紙芝居かよ…
なんという節約…
いい追加カットだなあと思っていたらまさかの全部紙芝居
やるならちゃんとやって欲しかった

突然、南海生物が現れる
マギ31
アリババ「ちょっと待った!!ここは俺にまかせろ!!」

マギ32

そしてアリババの活躍カットかよ!!!!
ここが1番大事だろ!!
本当、不遇な主人公だ…

アラジン「本当にすごかったねアリババくん」
アリババ「ま、モテないから、ちょっとはいいところ見せないとな」
白龍「次は俺が頑張ります!」
マギ33

アリババ「出来んのか?」
アラジン「この船旅はそろそろ…」

陸が見えてくる
モルジアナ「なんだか港の様子が変なのです」

港が燃えてる
マギ34

「目いいんだ、お姉さん」

少年が浮いている
「てめえら、これいい船だな
全部よこせ」

「何者だ!」

「俺達は」
マギ35
海中から船が出てくる
マギ36
「海賊だよ!」


オルバ登場!
頭のやけどの跡がかなり痛々しい…
原作でも結構きつかったけどアニメで色がつくと見るのがキツい

やっぱりマギはギャグの方が面白いよなあ
今週は久しぶりに笑って見れたw

もう少し仲間との修行パートは欲しかった
ここからかなり重苦しい空気になるからなあ
海賊編は原作でも微妙だったのでカットしても大丈夫だろうと思ったが
これが最後の4人で戦う場面ですからやっぱり入りますね、はい

とはいえこのテンポでマグノシュタット収まるのか…?
後半変に駆け足になるのはやめて欲しい…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まあ海賊はいれないとまずいですからね。
あのエピソードがあるから
白龍の内なる闇がわかるわけですし。
2013/10/25(金) 18:06:49 | 花月(かづき) | #wjl3HOEA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1361-4804d14d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。