興味神神~サンデー感想日記~ マギThe Kingdom of magic『母』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギ0

アリババ「さあ、大暴れと行くか!」

抑えられるアラジン
マギ1

大聖母「坊やは行かなくていいの
おいで」


オルバがやってくる
水の玉に入った海賊たち
魔法の力を強くしている

逃げまわるアリババ
穴の中に逃げる海賊
後ろから襲ってくる
マギ2

モルジアナは穴の中に入る
マギ4
敵を倒す
マギ3
壁が崩れた
マギ5
モルジアナ「全滅です」


モルさんかっけー-ー!!!
ここの作画いいなあ
やっぱりモルジアナの戦闘シーンは気合が入りますよね(ニッコリ)

大聖母のところにオルバが来る
大聖母「また新しい家族が増えるわ」


奥に進む3人
マギ6
周りは子供ばかり
アリババ「こんな小さな子まで」
「大聖母を守らなきゃ」

大聖母「坊やにもあるわよね。寂しかったこと」
魔法をかける
マギ7


「ババの子じゃ」

アラジン「ボクはすごく嬉しかった」

「大聖母を殺さないで」

奥に進む
白龍「やつらは海賊です」
アリババ「そうだけどよ…」

白龍「略奪していい言い訳になりません」

モルジアナ「私も育ての親に従ってたくさんの人を傷つけました」

白龍「俺には姉が母親代わりだったので…
先に進みましょう」

大聖母「坊やが1番会いたいのは誰?」


アラジン「みんなもいる
知ってるよ、君はボクのあっちの世界のお母さんだね」


アラジン「ボクは一人じゃ…」

アリババ「アラジン!助けに来たぜ!!」
杖と笛を渡す

大聖母「よくここまで来たわね
私のいい子にしてあげる」
魔法道具を使う
マギ8

モルジアナ「お母さん」

アリババ「なんだよこれ…ふざけるな
技だって分かってんのに
本物のお袋に見えてきやがった…」

眠る白龍

幼少期
マギ9
白龍「母上…恐ろしい夢を見ました
皆殺されてしまうのです」

「白龍。あなたの父上を、私を殺そうとする人はいないのですよ」


おいおいこんな小さいのに声変わりしてるぞ…
いくらなんでも同じ声優は無理があるだろ…

白龍(母上…)

大聖母「さあ、あなたもなにかあるんでしょう?」
アラジン「アリババくん、ダメだ」
マギ10

アリババ「お袋…」

バルバッドのこと
アリババ「これで本当にいいのかな
バルバッドはもっと…何か…」
マギ11

「何も考えなくていいのよ」
「全部、このままで…」


マギ12
アラジン「本当にそれでいいの?」

アリババ「アラジン!」
マギ13

アラジン「僕の中には今までであった人たちの生き方や考え方が詰まっているから
君の中にはいないのかい?
モルさんも!」
マギ14

呪いを解く

大聖母(既に大人だったのか!)
大聖母を守る子供たち

起きる白龍

アラジンたちを襲った
白龍「母上、
我が身に宿れ、ザガン」
マギ16


白龍が暗黒面に落ち始めた…
ここから変わり始めますね

しかしテンポ悪いなー
海賊編は2話にまとめるくらいでいいと思うんだよなあ
1期の時よりグダグダしているイメージ
もっとこの後の場面を丁寧にやってここまではもっとまとめていいと思う



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1374-2ce10f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。