興味神神~サンデー感想日記~ マギThe Kingdom of magic『大峡谷』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マギ0
マギ1
走るモルジアナ
モルジアナ(ここが?カタルゴ?私の故郷なの?)

町の酒屋に入る

マギ2
モルジアナ(これからどうしようかしら…)

町の人間がファナリスに気づく
モルジアナ(聞こえていますが…)
「やめるでし」
マギ3
来たのはアブマドとサブマドだった

モルジアナ「ご親切に、ありがとうございます。見ず知らずの方なのに」
サブマド「僕たちだよ!アリババの…バルバッドの…」

モルジアナ「サブマドさん…
マギ4
と、アブマドさん…」


アブマドサブマドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
1期でカットしたところをここで回収するのは予想外だった
アニメだけ見ている人で覚えている人は少ないだろうな…
これだったらやっぱりシンドリア編で登場して欲しかった

トランの村の長老に会いに行く

アブマドとサブマドはトランの民を調査するために村に来ていた
トランの民は世界中に分布する謎の民族
マギ5

「お客さん!食べて!!」


嫌がるモルジアナの顔でワロタwww
いい表情するな―

アブマドが食べる
アブマド「食べないとダメでし」

サブマド「やめたほうがいいよ」
代わりに食べるアブマド
モルジアナ「あの…私の代わりに、ありがとうございます」

アブマド「ここの人ともめないでし
今できることの中で最良のこと。そう考えて決めただけでし」


しっかりこのセリフもやってくれたかー
でもこれはバルバッドでのアブマドのクズっぷりを知ってるからこそのセリフなんだよなあ
ちょっと1期から時が経ちすぎてこのセリフの価値が下がってしまった

長老に会う
マギ6
「お主、ファナリスじゃな
暗黒大陸の先に大峡谷の先にはまだファナリスがいるという話がある」

だが、大峡谷に行ったらもう戻ってこれない
「それでもお主は行くか」


モルジアナ「おふたりとも、前とは変わられた気がします」

サブマド「人にはふさわしい場所がある。それは王座じゃなかったんだ
それに気づけたのはアリババのおかげかもしれない」

モルジアナ「あの人は、そういう人ですから
マギ7
私、行きます。私の本当の居場所を捜しに」

サブマド「帰って来られないかもしれないよ」
モルジアナ「大丈夫です。何があっても戻ってきます。だって私、強いですから」


ここはいい追加シーンですね
やっぱりサブマドはいいですね。結構好きです
原作では大峡谷に着く前のモルジアナの葛藤があまり描かれていませんでした
これだったら「今できる最良のこと」もここにかけてきても良かったかもしれない

あとやっぱりモルジアナがトラン語を学ぶシーンは欲しかった
アレによりモルジアナがトランの民に興味を持つという大事な変化が起きるのに

マギ8
モルジアナ(まるで、世界がここで終わってるみたい)
アブマド「気をつけるでし」

飛び降りるモルジアナ
マギ9
モルジアナ(確かめに行きたい!)

眷属器を使う
谷底を伝って向こう岸に向かう
鎖を使って降りていく
マギ10

休憩
モルジアナ(何も見えない…おかしくなりそう…本当に降りているのかしら
本当は底なんてないんじゃないの)


マギ11
奴隷の時を思い出す

モルジアナ(このまま死の国へ…)

「お前は、オレの奴隷だ!」


マギ12
モルジアナ(いやだ、怖い!!)
谷底に着いた


水飲んでいる時のモルジアナの表情がいい!!

マギ13
叫ぶモルジアナ
モルジアナ(後ろに壁、前にとてつもなく広い空間)

走りだす
マギ14

モルジアナ(どこまでだって、走ってやるんだ!!
この前に何もなくても…走りきって本当の居場所を見つける。それが私のやりたいこと!!)


モルジアナ人間じゃねえwww
超音波で空間の広さを認識するなんてすごすぎっす

光が見えてくる
マギ15
モルジアナ(家…?)

扉が開く
マギ16
「よく来たね、モルジアナ」


ユナンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
いよいよ最重要人物が登場しました!!!
原作より女の子っぽいなあw
原作でも初登場と比べて最近は女の子っぽくなっていますが、それに近いです

家の中は植物ばかり

モルジアナ「あの…あなたは一体?」
マギ17

ユナン「ボクはユナン。
この谷の守り人かな」

谷の入り口で名前を聞いていたユナン

ユナン「ここから聞こえたんだよ。ボクの耳には谷の中と両岸が聞こえるんだ
君が会いたいと言っていた向こう岸のファナリスのことも知ってるよ」
マギ18

モルジアナ「行かせてください!!」
ユナン「いいよ
ただし、こちらに戻ることができなくなるけど、それでもいい?
こちらではこれから世界を巻き込む大きな戦争が始まる」


マグノシュタット
練紅覇に連絡が入る
モガメット「皇子よ、かかる事態です。一刻も早く本国へお戻りください」
マギ19

紅覇「そうだね、でもお前たちの忠告は嘘にはならないよ
高帝国は近いうちにマグノシュタットに侵攻する
マギ20
服従か滅亡か、選んでおきなさい」
マギ21

モガメット「おのれ、ゴイめ!!」

ユナン「実はね、煌帝国の皇帝が死んでしまったんだよ
どうなることか…」

モルジアナ(アリババさん…アラジン…)

漫画では引きを作るためにユナンがあっさり言っていましたが
アニメは焦らしましたね
もちろん、いいことですよ。
何があったのか分かっていながらも気になりました

煌帝国
マギ22
練白瑛がやってくる
白瑛「彼らは黄河の騎馬兵百余名。私の眷属です」


後ろには黄河の戦士たちがいますねー
しっかり描かれていて良かったです

化け物がやってきた
マギ24

白瑛(白龍…あなた一体何を考えているの)
練紅炎が帰ってくる


白龍が暗黒面に堕ちてしまった…
ここから先は闇白龍になってしまうのかと思うと少々悲しいです

次回は煌帝国の話でその次からいよいよマグノシュタットに戻ると思います
煌帝国の話はいかに紅炎がすごいのか、「大方の予想が皇帝は紅炎である」というのをしっかりやってほしいです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1416-7f9ed2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。