興味神神~サンデー感想日記~ ハヤテのごとく!第435話~10年前のクリスマスイブ…不幸な少年は運命のサンタさんと出会う~

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第435話「夢の記憶」
ハヤテ_0001
当たり前の幸せに憧れていた。

帝とアテネは王玉の話をしている

ミコノスの碑文によると、『負の感情の爆発』によって庭城への道は開かれる
帝「なるほど
さっぱりわからん。もう少し噛み砕い説明してくれる?」

こんな世界にはいたくないという人の悲しみや絶望によって開かれる

今日はクリスマスイブ
ハヤテ_0002
帝「断言しよう!!クリスマスイブに一人きりでいる奴なんか…
基本的に全員不幸!!」


『ハヤテ』のこういう言い切る感じ好きだwww
例にMAEDAXがいるので更にワロタwww

帝は不幸な人を探しに行く
「一応、聞いておくけど…
お前、クリスマスプレゼントとか欲しい?」

「そんな気は使わなくていいですから、さっさと行ってきてください」


アーたんいいなあ
ここの二人の会話好きだ

読み切りの原稿を持って歩く足橋先生

帝は原稿を見る
「こんな原稿返してやるわい
こんな…つまらん原稿はな…
こんなまんがじゃ絶対、人気なんて取れんわ!!」

絶望する足橋先生
「しかし安心せい…この絶望を利用して―」

「僕もその原稿は―!!超つまんないと思ってたんですよー!!」
やる気になって去っていく足橋先生


ハヤテ_0003
幼いヒナギクを見つける帝

「君は―」
「人の妹に何してんだー!!」
雪路がやってくる

ヒナギクは両親へのプレゼントを持っていた
ヒナギク「ふたりとも、いつも大変そうだから」


「不幸な奴は…!!おらんのか!!」

落ちた雪に埋もれる少年
帝は缶をゴミ箱に投げる
ハヤテ_0004
跳ね返って少年へ
ハヤテ_0005

(逸材じゃ…!!逸材…!!発見じゃー!!)


これ10年前の話だったのか!!!!
ごめんなさい
全く気づきませんでした
なんかヒナギク幼いなあとは思ったのですが、
まあ最近の畑先生ならこのくらい幼く見えてもしょうがないかなあと思ってしまいました

ようやくサンタとの出会いの伏線が回収されるのかあ
1話の扉にロイヤルガーデンが描いてあったし、王玉も初期から出てきたから
おそらくこのこともずっと考えていたことでしょうが
遅すぎるだろ!!!今頃かよ!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1433-9e1c270e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。