興味神神~サンデー感想日記~ 神のみぞ知るセカイFLAG268~現実というゲームのエンディングは…神のみぞ知るセカイ!!~

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FLAG268「未来への扉」
神のみ_0001

最終回。これが、神が選びしエンディング。

船も元に戻り、現代も何もなかったかのように戻った
桂馬はドクロウに会いに来た

「小阪ちひろに告白したんだろう?
どうだった?」



「断られたよ」

あの時
「死ねば」

「ちひろのやつは、何にもわかってないな」
神のみ_0002
物語を終わらせるためには関係した女の子たちを開放しなくてはいけない
桂馬が誰かとくっつけば関係は強制終了
非常に自分勝手なゲーム理論!!
「あいつは毎回そうだ!!全然こっちのゆーとうりにしない!!」
「だから、好きになったんだろう?」

理論は所詮建て前。思いは本気のようです
ドクロウは没収したゲーム機をすべて返す
自分が疑問だったのはここなんですよ!!!
何でドクロウはさんざんゲームを奪ったのか!!桂馬の性格は知っているはずなのに!!
「だって、他の女の子と仲良くしてるからだよ」

そういうことだったのか!!
ドクロウは学校もやめる
去っていくドクロウ
「待たないよ
振り返ると、ドクロウに戻っちゃうから

神のみ_0003

ありがと…お兄ちゃん

これぞメインヒロイン!!!

あれ?この漫画ってドクロウがメインヒロインだっけ?
この笑顔はメインヒロインの笑顔ですよ!!!
ある意味1番桂馬を見ていた女の子ですからねー

女神の宿主たちも普通の生活に
そして、みんな桂馬から好きな子がいると打ち明けられていた

ってそれだけかよ!!!

歩美に関してはこれで終わりかよ!!!
結局歩美は何もなかったなあ
最後に女神が出ただけに女神が出た後の桂馬とのやりとりが皆無に等しいです

桂馬も帰ろうとする
そこに来たのはちひろだった
神のみ_0004
「ま…なんつーか……
茶でも…いかん?」

これが神のエンディング!!!

そして、桂馬をずっと見ていたもう一人のヒロインは…
「わかってたんだ…」
桂馬からもらった最後の手紙


「ぼくとお前とのエンディングはない」

「それでも少し、夢みてたんだ…」

「天理が幸せにたどりつくまで私はいつまでも天理のそばにいますよ
天理!!ほら!空を見上げましょう!!
神のみ_0005
私達には未来があるのです!!」






まず最初に
最終回を読んだ率直な感想を言いたいと思います

え!!???これで終わり!!?????


なんというか、拍子抜けというか、失望というか、悲しみというか
色々と負の感情がこみ上げてきます

結局女神編の最後と終わりじゃないですか!!


ちひろは救われたけど代わりに天理が犠牲になった
まだ女神編はこの後ちひろが救われるんだろうなって安心が出来ましたが
最終回でこれでは天理が報われませんよ…

しかも考えてみると
天理はずっと思い続けてきた人とキスしたと思ったらこの手紙を見て
それでもなお、桂馬に協力してたということですよね

なんて健気な女の子なんだ!!!

彼女ですよ、メインヒロインは!!!


そして桂馬は

真性のクズですよ!!!!


自分は好きな人とくっついて
他の女の子は勝手に幸せになってね~ってことですよねこれ


これが落とし神のすることか!!?

香織と対決した時に言っていましたよね


すべての人が幸せになる結末が…あるはずだ!!
ボクは夢を見てた…
でも…見えた気がする
神のみ_0003
理想のセカイが、どういうものなのか…
ボクはたどりつかなくちゃいけない。本当のエンディングに」



お前香織とやっていること変わらないぞ!!!!
これが本当のエンディングかよ!!!


まあちひろが選ばれたことは別にいいんですよ
自分はカプ厨でもキャラ厨でもないので

まあこの桂馬の酷さはともかく
何より酷いのはこの急展開

設定や伏線もまだ解決されていないのがありますし、最終3話くらいはダイジェストのような感じでした
他の女神の宿主たちに好きな人を言うところもなかったし
いろいろとすっ飛ばして最後の結末だけ描きました~という感じ

今回で明らかになったのは若木先生に風呂敷をたたむ力が無いということです

もっと漫画家としての力はあると思ったんだけどなあ
若木先生は「(ここで終わりにすることは)自分で考えた」と言っていました
これで打ち切りじゃないなら相当酷い…

さらに若木先生はブログでこんなことを書いています



それゆえに、色々、積み残しを作ってしまいました。
これについては、最終巻の単行本が出たあたりで、
ブログでぼつぼつお話をしていきたいと思います。



単行本のおまけで描くのはまあいいんじゃないでしょうか
むしろ求めています

しかしブログで描くのはいかがなものか

やはり漫画家というのは伝えたいことは全て漫画で伝えなくてはいけないと思います

漫画と関係のない所でグダグダと解説をすることほどみっともないことは無いです
そういえばアルバトロスの時も書いていましたね
まああれは打ち切りだったのでそういう対応になってしまうのも仕方がありません
とはいえ今回は打ち切りではないんですよね
それなのにブログで解説って…

最終回、正直自分はかなり残念でした

近いうちに「神のみぞ知るセカイを振り返って」という記事を書きたいと思います
そちらで、今までの神のみ全ての感想を書きます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
神も知らないエンディング
この最終回については私も同感ですね。口下手な私に代わってよく言ってくれた! と感謝です。
神のみを普通にペラペラ読んでた昔の自分でいたかったと思います。
2014/04/27(日) 16:26:15 | 神のみを天理篇OVAで知った人 | #-[ 編集]
ちょろっと反論、
桂馬がちひろのことを好きなのを確定だとして、
そしたらちひろ以外の女神宿主含めたこれまでの攻略対象との恋愛関係は、ハーレムエンドでもない限り桂馬がゲーム理論としても言っていた通り100%ない。

そしたらば、中途半端にこれまでのような関係をずるずると続けるのは桂馬にとっても天理にとっても良いとも思えない。
だったらきっぱり、関係を断ち切った方が互いの為になると思っての決断じゃないの?

というか、ヒロインが数人いるような恋愛ものにみんな仲良くエンディングなんてあるわけがない。
文句があるんだとしたら、まだハーレムものとしてみんなと恋愛関係になった方がいいとでも言うつもり?
むしろ自分は桂馬がそんな残念なエンディングを考えてなくてよかったと思う。
「それに天理が桂馬のことを諦められないなら結みたいにちひろから奪い取るつもりで行くだろ!」(「」内の意見に対して天理のキャラと合わないとかどうとかぬかすなよ。それこそ無粋な発言だからな)


終わり方に文句があるにしたって先生にもなにかしら問題があったのかもしれないんだからそれも知らんのに一方的に文句をたれんな、せめて全部説明を最後までした後で言え
むしろほんとに終わりかたにもんくあるんなら、手紙で先生に聞きゃーいいじゃん
2014/04/27(日) 19:04:24 | 神のみをまあまあ好きな人 | #fTBZg8pc[ 編集]
むしろ落とし神としての落とし所の限界でしょ
仮に天理とくっついたからってじゃあ歩美はなんやねん他ヒロインはなんやねんってなるし
桂馬が誰に惚れるか、なんて今まで想われてきたからとか健気に協力してくれたとか全く関係ないし
それを盾に想いに応えろよなんてそれこそありえない
むしろよくキッパリ断ってたなぁって印象


まぁ最後の打ち切りのような展開に関しては自分も残念とは思いますけどね
女神編の後のそれぞれの反応がもうちょっと見たかった
2014/04/30(水) 07:29:55 | としあき | #-[ 編集]
>というか、ヒロインが数人いるような恋愛ものにみんな仲良くエンディングなんてあるわけがない。

「皆が幸せを迎えられるエンディングを作る」って言ったのは他ならぬ桂馬なんだけどなぁ・・・
落とし神たる桂馬なら読者のお呼びもしないような
凄い方法で皆を幸せにするんだろうと期待してたら
「好きな人がいるので自分の事は諦めてください」なんつー告白を断る初歩の初歩みたいな方法じゃねえ・・・
2014/05/04(日) 22:23:43 | 名無し | #-[ 編集]
そんな自分の望んだ展開じゃないからって叩くのはおかしくないです?
2016/04/02(土) 01:24:47 | としあき | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1531-6c008a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。