興味神神~サンデー感想日記~ 名探偵コナン『サボテンの花殺人事件』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
conan1_201602041631540fa.jpg 
ずっと抱いた思いを胸に、二十歳を迎えて強く羽ばたく!
美人の依頼は人探し悲しい記憶は愛の思い出
たった一つの真実見抜く
見た目は子供頭脳は大人その名は名探偵コナン

conan2_2016020416315338b.jpg 
人探しに来た岡谷典子
手がかりはその男の似顔絵とナンバー
conan3_2016020416315266c.jpg 
「陸運局で調べりゃ住所なんてすぐ分かる!」
そりゃ20年もすりゃ法律も変わりますしね・・・
なんというか、時代を感じますねw
昔は緩かったなあ~
「本当にその人のこと好きなのかなあ?」
小五郎は出かける
コナンも出て行く

相変わらずコナンくん首つっこみまくってますね!!!
しかしまあ声が若い!
久しぶりに昔の小五郎見ましたが、やっぱりいい感じに親父ですねw

自宅にまで届けに行った
なぜか灯油だけ置いてある
conan4_20160204163151f09.jpg 
男の人の写真を見つけた
「女の人の部屋がそんなに珍しいの?」
キョロキョロしすぎなんだよこの小学生!

水族館に向かう探偵団
小五郎はまだ見つけられなかった
conan5_2016020416314945f.jpg 
偶然典子が近くにいた
「急用を思い出した!」
水族館ドタキャンはクソすぎるwww
コナン絶対友達出来ないだろ・・・

尾行する
墓参りに来たよう
佐伯と呼ばれる男が来た
conan6_201602041632449be.jpg 
「これ誰の人のお墓?」
佐伯の親友であり、のりこの婚約者でもあった
(あの写真の人だ!)
6月に信州で交通事故で亡くなった
「北川つよしって名前の人知らない!?
赤いスポーツカーに乗ってる人だよ!」
「君は一体?」
conan7_201602041632430f8.jpg 
「僕は江戸川コナン。探偵なんだ」
私は魔女のキキ!
この前日に金曜ロードショーで魔女の宅急便やってたんですよね

のりこは赤いスポーツカーに追われて事故にあった
しかし、事故の原因は山口の運転ミスになってしまう
conan8_201602041632419d8.jpg 
(まさか彼女、自分の手で復讐を!)

佐伯の車でのりこの家に向かう
シートにシャコバサボテンが刺さってた
conan9_201602041632397b2.jpg 
(別名はクリスマスカクタス・・・)

ここでようやくサボテンかー

小五郎は北川の住所を見つけてのりこに連絡していた

北川のところに向かうのりこ

conan15_20160204163328ccb.jpg  
のりこと山口の出会いの回想
挿入歌!!!!

レアすぎる!!!!
なんか一昔前のトレンディドラマみたいですねw
オフィスのパソコンにものすごく90年代を感じます

conan12_20160204163332272.jpg 
北川のところについた

何やってんだこいつらwwwwwww

「二人共死んでもらうんだから」
スプレーをかける
小五郎とコナンも到着する
「待ちなさい!」
conan13_201602041633311d6.jpg 
「おっとっと
は~疲れた・・・
綺麗だねえこのシャコバサボテン」

コナンかわええええええ!!!

「山口は死んでしまったけど、この花の一つ一つに生きてるんだよ」
conan14_20160204163329373.jpg 
「たつおさん・・・」

悲しい話だなあ・・・

20年前のアニメオリジナル
ものすごく時代を感じる話でした
話自体はありきたりですが、丁寧に作られていてよかったです
特に、回想を入れたりしてしっかりとキャラを作りこんでいたので、
最後の復讐もキャラに感情移入してしまいました

ここらへんは最近のアニオリには足りたいところなんじゃないかなあと思います
話の奇抜さや、トリックだけに気を取られてキャラクターを無視してる
別に懐古厨というわけではないですが、もっとこういう話が見たいなあ

次回もアニオリ!
前後編!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1689-c9c3e39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。