興味神神~サンデー感想日記~ 劇場版名探偵コナン「純黒の悪夢(ナイトメア)」感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
konan_0006_201604260127482fb.jpg 

観ました!!!

ネタばれを含みます


ご注意ください



全体を通しての感想

非常に素晴らしかった!!!!!!!

20年の節目に相応しい作品でした

純黒の悪夢は
今までのミステリーアクション映画ではありません
一人の人間ドラマだと思います

今までのコナン映画とは大きく違う、ある意味異色の作品とも言えるでしょう
大きく違う点は事件が起きてないところ
(ラストシーンは現実的に考えたら大事件ですがw)
天国へのカウントダウンも漆黒の追跡者も確かに組織は登場していますがあくまでおまけです
本筋はコナンが事件を解決するというもの
しかし今回は本筋が組織、キュラソーなのです!
エンドロールを見れば分かるのですが、レギュラー陣しかいませんw
正直ここ最近のコナン映画はアクション過多、とってつけたかのようなミステリーといった感じが否めません
だったらいっそのこと、ミステリー要素を完全に排除してアクションと、人間ドラマを見せる方向で行こう
私はこの思い切った決断は大正解だと思います

そんな風にいつものテイストが違うのでお約束がない
具体的に言うと
眠りの小五郎(今回は本当に寝てるだけでしたがw)
「らあああああああああああああああああああああああああああああん!!!」
ですね
正直蘭が出しゃばらなかったのは大きいですね
そのため組織とキュラソーに集中することが出来ました

今回の映画は大前提として天海祐希さんの演技力があってこそ成り立つものです
ゲスト声優というのはどうしても浮いてしまうところがあるんですよね
しかし、天海祐希さんは他の声優さんとも引けを取らない演技力!
ものすごく馴染んでいました!馴染み過ぎてビックリしたくらいです

間違いなく今回のMVPは天海祐希さんです!!!

平たく言えば悪の組織に染まったキュラソーが子供達と触れ合うことで心を変えた話
はっきり言ってベタです
最後の展開も正直読めます
メタ的な話をしてしまえばキュラソーはオリジナルキャラなので死んでくれないと原作的に都合が悪いです
そんなこと誰だってわかります
しかし!
そのご都合主義が見えないラストシーン
それはなぜかというとしっかりとラストまでの伏線を中盤で作っていたから
キュラソーというキャラクターを固めていたため、最後に探偵団を助ける動機付けがしっかりとされているのです
無駄に事件を起こさず、キュラソーに絞った結果だと思います
これは、漆黒の追跡者で私が惜しいと思ったところを見事に直してくれました
アイリッシュは完全に連続殺人事件に食われてしまいました
そのため、最後暗殺されたところもイマイチ感情が乗らずご都合主義感がしました

今回は原作の組織編並に黒の組織、ジンが動いていました
しかも、恐怖と緊張感を持って
久しぶりに組織の本気を見ましたよ
スパイを平然と殺したり、キールを撃ったり、キュラソー暗殺に作戦変更したり
非情で冷酷なジンの姿を見ることができました
(それと同じくらい面白いシーンもありましたがw)
これはここ最近ではなかったものじゃないでしょうか
直前のシークレットナイトでみなみさんが、之紀さんがずっとスタジオにいたと言っていて
かなり期待が高まりましたが、その通りでしたね

今回の映画のもう一つの見せ場
赤井と安室
完全にアムロとシャアでしょwwwwww
もうね、声が完全に狙ってんだわwww
そして今回の映画で一気に人気急上昇したのが安室透!
赤井秀一はなんだかんだで原作でも最初っからかっこいいんですよ
ですが、安室はポアロでバイトしてたりなんかちょっとゆるめな感じがあるんですよね
今回の映画でリアルガチに動く安室を見たと思います!
これが、安室透の本気か・・・!!
惚れましたね

そんな素晴らしい映画でしたが、いくつか惜しいなあと思う点が

まず、少年探偵団のご都合主義感
キュラソーとのシーンは非常に素晴らしいのですが、
高木刑事や園子を顎で使うあたり、ご都合感が見えてしまいました
そのため探偵団の印象が悪くなるんですよね
もう少しキャラクターを考えたほうがいいかなと思います

クライマックスの観覧車の分かりづらさ
爆発後、風見がどうやって生き残ったのか
赤井と安室はどうやって観覧車の上に移動したのか
ここらへんがちゃんと描かれてなかったので、見ていて疑問が残りました
それぞれのキャラが全体のどこらへんにいるのか
引きの絵が少なかったので把握しきれませんでした
多分尺が足りてなかったのかなあ

もう一つ、キュラソーの感情の変化
ベルモットに疑惑のメールのことを聞かれて嘘をつくシーン
あの時キュラソーが何を思ったのか見えにくかったです
恐らくあそこでキュラソーに何らかの変化があったと思うのですが
回想でコナンと哀ちゃんが出てくるのが謎でした
もう少しここは丁寧にキュラソーに表情の変化をつけるなどして丁寧に見せて欲しかったですね
キュラソーにとって1番大事なところなので
恐らくここももう少し尺があればいい感じになったでしょう
中盤のテーマパークのシーンをもう少し短くすれば解決したのではと思います

結局、今回の映画で新しく分かった事といえばラムの声ですかね
ですが、エンドロールにラムの声優は空欄になってます
これに関して私はもともと新しい情報は何も期待していなかったのでまあいいんですよね
ここに期待を抱いていた人にとっては拍子抜けだったでしょう
それ以上に良いストーリーではあると思いますが

全体的に非常に大人向けでビターな話になっています
コナン映画としてではなく、1本の映画作品として完成度が高いです
これはコナンの枠を超えてきてるなと思いました
静野コナンではもちろん1番面白いです

シーン毎に思ったことを追っていきます

カーチェイス

もうね、最初っからガンダムネタかよwwwww
赤井の車が赤で、安室の車が白って完全に狙ってるでしょwwww
そして、こんな大事故起こして死者がいないって嘘でしょ・・・
絶対人死にまくってるでしょw
さりげなくモブが生きて逃げるシーンが描かれてたのが良かったですね

東都水族館

これ水族館っていうより遊園地じゃんwww
観覧車を見た瞬間にね、ああ、今回の爆破要員か~って同情してしまいました
しかし二輪の観覧車って普通の観覧車より景色半分になるから全然画期的じゃないでしょw

愉快な阿笠博士

今回の博士はマジでどうしたんだってレベルでおとぼけかましてましたよwwww
ダジャレクイズはいつものことですが
「みんなのひろしじゃぞ~」でめちゃくちゃ笑いましたが1番笑ったのは
鳩と戯れる博士
その後のコナンの「何やってんだ博士は!」っていうツッコミで一人映画館でゲラゲラ笑ってしまいました
序盤の無能っぷりからは考えられない働きをしっかりしてくれたので良かったです

バーボン、キールにかかる疑惑

ここはかなーりドキドキしましたよ
ジンが本当にキールを撃ったことにより緊張感が一気に増しましたね!!!
こりゃもう助からないんじゃねえかとさえ思いましたよ
そこからの赤井とコナンの危機一髪の作戦!!
ブラックインパクトを見ているようでした!!!
これ!!!こういうのが見たかったんだよ!!!
こうやって組織とギリギリのところで戦うのが見たかったんだよ!!
最近の原作にすら無かったドキドキです

コルンの一言

キャンティが「やばいよやばいよ!!」って言った後、
ボソッと言ったコルンの「俺もヤバい」がめっちゃツボりましたwwww
こんなん笑わせにきてるでしょwwww

安室、爆弾解体

ここで衝撃の事実が発覚
なんと安室と松田陣平が友人だった!!!!!!
ええええええええええええ!!!
これはシークレットナイトでどよめきが起こりましたよ!!
そりゃそうだ!!
青山先生が今回描いた3枚目の原画・・・
それが松田のようです
2回目で気付きました
そしてこの爆弾解体も、本当にギリギリで手に汗握るシーンです
ランプが光った時はヒヤってしましたよw
ちなみにその後ボタンポチポチするジンが面白かったですw

コナン赤井安室コンビネーション!

いやあいい感じに3人で協力してくれました!!!
これは熱い!!!
安室、爆弾をあんなに高く投げるなんて腕力ヤバすぎでしょwwwww
そこから先のコナンと赤井はもう上手いこと自分の得意技を見せてくれました!!!
コナンのサッカーボールでメインテーマ流すのはやっぱり燃えますよ!!!
しかも今回はかなりシンプルなキックなんですよね
シンプル故の熱さ
そしてオスプレイのサーモグラフィから赤井の姿が映るのはカッコよすぎる!
上手い具合にお約束を入れてきましたねー
しかしサッカーボールでオスプレイぶつけるのは漆黒の追跡者思い出して笑ってしまいましたw

観覧車、爆発

はい、爆発しましたw
オスプレイ狙撃して、ああ結局漆黒の追跡者と同じかあと思ったら
今回のジンはそんなに甘くなかった!
最後の最後で爆発させました!!

キュラソー

キュラソーが灰原を助けたあたりから涙がこみ上げてきましたよ
「私はキュラソー、何色にだってなれる」
この言葉を聞いてよく出来てるなあと思ってしまいました
そして最後にクレーンで観覧車を止めるシーンからはもうつらすぎでした・・・
このシーンの天海祐希さんの迫力がすごいんですよ・・・
もうね、瀕死の最後の力を上手く演じてるんですよ・・・
まさかミンチになるなんて・・・
コナンで1番エグイ死に方だと思います

「記憶じゃない、思い出だよ」

1回目に見たときはエグイ死に方の衝撃でこのセリフがほとんど頭に入ってきませんでした
しかし、2回目
このコナンのセリフからの「世界はあなた色になる」のイントロのギターでもうやられましたよ
ボロ泣きです
ED、ずっと涙が止まりませんでした
このセリフはこの作品の全てを表してますね

見終わった後、僕は白色になりましたね

劇場版第21弾!!

「しのぶれど・・・ちゅうわけか!」

服部平次、久しぶりの登場!!!!
これは関西あるんじゃないでしょうか!!??
しかも百人一首が関係しているのか!?
次回は本格ミステリーになりそうな予感がしますが、どうでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
以前からお邪魔しています。
今回の映画は私も楽しみで、実際観て良かったので2回観に行きました。
最初から最後までぶっ飛ばしてましたね!個人的には、赤井さんVS安室さんの観覧車での格闘シーン。何ちゅうとこで闘うの!?危なくないんかと冷や冷やしました。
赤井さんが妹さんの3倍強いとは聞いていましたが、正直3倍どころじゃないのではと思います。本気出してなさそうな気がしましたが、滅茶苦茶強い!ボコボコにされる安室さん、心配になったのは私だけではない(はず)。最後の最後まで気が抜けませんでした。キュラソーさんの動いている姿も躍動感があって、凄いなあと思いました。ラストは悲しいものでしたが、今回の映画は凄く良かったと思います。長文失礼しました。以上です。
2016/05/04(水) 19:57:11 | REI | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/1735-ab965db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。