興味神神~サンデー感想日記~ ハヤテのごとく!第375話~ダメ教師・桂雪路。その裏には、とんでもない過去があった!?~

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第375話「人の夢と書いて儚いと読む」
ハヤテ1

それは時に、一瞬の輝きを放ち消えてゆくもの。

あまりに宿直室を汚く使用していため、家賃をとられることになってしまった雪路
そんな雪路はハヤテのアパートに住もうとするが、ハヤテは当然却下
ハヤテとヒナギクがアパートに住ませないために、宿直室を掃除していると、昔の雪路の写真が・・・

古くなったからギターをあげてしまった雪路。
それ以来、雪路がギターを買う事はなかった


雪路のライブ映像を見るハヤテとヒナギク
今はあんなだが、昔はかっこよかった
ヒナギクは、雪路が自分たちに迷惑をかけないようにミュージシャンをあきらめたと考える
「迷惑をかけないように・・・か・・・」
ハヤテ2

部屋を見渡すハヤテ
「違うんじゃないですか?」
「う゛・・・うん・・・」
「ヒナギクさんって・・・お姉さんの事好きですよね?
ちなみにどんなところが好きなんですか?」

照れながら考えるヒナギク
ハヤテ3

「か・・・かっこいいところよ・・・」
そこにやってくる雪路
「お姉ちゃん・・・どうして・・・夢をあきらめたの?」
わたしはお姉ちゃんに・・・夢を・・・あきらめてほしくない!!」

この時、桂雪路は思ってた

ハヤテ4

別に・・・あきらめてませんけど・・・?

ギターを一度手放した時にはいろいろ決意があった!!教師になったのも大体ヒナが思ってる通りだ
だが・・・!!!その後のこれは・・・単なる堕落!!!

それを言うと・・・すっごい怒られるんだろうな~・・・
考えた雪路は・・・

ハヤテ5
「頑張っても・・・膨らまないムネもあるのよ・・・」
「お姉ちゃんのバカー!!!!!!!!」
出ていってしまったヒナギク
結局ハヤテと雪路で掃除

ひとまず、キリカさんに許された
「どーせまた、余ったカネで酒を買って、散らかすんじゃないだろうな?」

「いえ・・・その前に尊敬されるお姉ちゃんとしては・・・
お金を貯めて・・・ギターを買わなきゃいけないんで・・・」


雪路ってなんだかんだで白皇の教師になったんだよなあ
かなり優秀な人だよな・・・
ヒナギクと雪路の話は畑先生もけっこう考えてあるだったよな
ただ、それをやるととても重くなるとか何とかで・・・

良かったんだけど、今週は特に感想書く事ないんだよなぁ・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/909-ac4ebb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。