興味神神~サンデー感想日記~ マギ『迷宮攻略者』感想

少年サンデーの感想を書いていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギ1



ババの周りに集まる黄河一族
マギ2

ウーゴ君でババを運ぶ
(死なないで、おばあちゃん!)


揺れすぎだろww
こんな揺れたらおばあちゃん死んじゃうよ・・・

黄河一族の矢が煌帝国の兵士に当たったよう
白瑛は黄河の村に向かうという
勝手な行動は許さないという呂斉
「武力による支配はいずれ大きな復讐を招く」
留守中の軍の指揮権を預かる呂斉


黄河一族は戦おうとする
マギ3
「待てよみんな!!ババさまは何があっても戦争してはいけないと言った!!」
ドルジが止める。だが、皆は言う事聞かず
アラジンはババを看病する
「おばあちゃんの大好きな村が大変だよ」
戦いに出る黄河一族
マギ5

(どうしよう・・・みんなが死んじゃう・・・)
「力を貸しておくれ、アラジン」

指揮権を掴んだ呂斉
マギ4

「私は心配しているんだよ、姫様が、万が一にでも討ちとられやしないとね・・・」
「一体なぜ…!?」
「好きだからさ・・・戦争がね!!」

なんという小物臭
しかしこの呂斉の人は演技うまいなw

白瑛は黄河に向かう
そんな白瑛のもとに黄河一族が
白瑛にきりかかる黄河。
マギ6

だが、白瑛は動かない
「我々に戦意はありません交渉の席をどうか・・・」
「だまされるな!!」
マギ7

「やめんか、バカども!!」
ババとアラジンがやってくる
だが、ババは血を流している

「見誤るな、おのれらの本当に大切なものを!!」
「我が一族は、煌帝国の傘下に下ります
ご覧のとおりです、姫様
私はこれ以上家族が傷つくのは許せません」

「やはり・・・我が軍の矢で・・・」
「村長一人の命とわが村人の命、どちらが大切かわかるだろう・・・」
白瑛が傘下にすることを宣言する。
だが、あきらめきれない黄河一族
「誇り高い心を持ち続ければいいだけだ!!ババさまのように!!」
マギ8

ドルジが言うと、みんな剣を捨てる
(すごいね、ウーゴ君・・・みんな未来のために何をすべてきか選ぶ勇気を持っている)


 最後のドルジがかっこいい!!
 よくいった!!

ババを囲むみんな
アラジンが後ろにいる

マギ9
「どうした?アラジン」
アラジンの後ろにはババが
「死んじゃったんだね・・・おばあさん」
「おぬし、自分が独りぼっちだと思っているじゃろ。そんなことはないよ」
あれをごらん」

みんなのまわりが綺麗に光る
「全ての魂をつなぐ世界の中心それがルフ
そしてそのルフに愛され力を借りれるおぬしは・・・マギ
マギ10
彼らを導いて世界をつくるもの
だから、おぬしは一人ではないんだよ」

ルフになり、消えていくババ
「愛しいソロモンの子よ、いつも味方でいるよ」
アラジンは泣いていた


 ババさまはヨーダだったのか・・・
 これがフォースの力か
 予想通り死んでしまいました

馬で戻る白瑛
目の前には黄河の大群が
「何をするつもり!?」
「戦争ですよ」
全て呂斉が仕組んだことだった

大量の矢が、白瑛を襲う
マギ11

だが、矢は巨大な風で吹き飛んだ
「怪しげな技を・・・討ち取れ!!」
狂愛と混沌の精霊汝に命する、パイモン!!
巨大な竜巻がおきる
マギ12

マギ13

「逆賊呂斉・・・練白瑛が刑に処す!!」


マギ32
 なんだこの変身は!!魔装か!!
 これはたまらん!!
 まさかこんな改変をしてくるとは思わなかったぜwww

ババに花を置くみんな
「僕はこの村に来てよかったよ」
ルフが、騒ぎ始める
「なんだろう・・・」

矢を放つ兵たち。
「このままでは魔力は持たない!」
マギ14

巨大な竜巻を起こす白瑛
兵士たちは吹き飛ばされてしまう
「敵の数は減らした!!呂斉をとらえよ!!」
マギ17

「なんの数を減らしたのですかな?」
大量の兵がまだいた
マギ18
捕まる白瑛
「無力ですな・・・攻略者どの」
「すぐに殺してさしあげてますよ。あなたの大事な弟、練白瑛もね」
マギ19

白瑛は剣を引き抜き、呂斉を襲う
「1対1で戦いましょうぞ」
「望むところだ!!」
白瑛に弓矢が刺さる

 呂斉がクズすぎる
 これは死んでも文句言われないだろう

マギ20
(もはや・・・これまでか・・・)
「お前なんぞちっぽけな存在だ!!」
マギ21

突然、巨大な爆発が
マギ22

やってくるアラジンとウーゴ君
ウーゴ君が呂斉を倒す

 ここでアラジン魔法使っちまうのかよ!!
 これはダメだろ
 後々矛盾が生じてくるぞ・・・
 しかも原作では呂斉をビンタするギャグシーンだったのにな・・・
 どうしてこんなシリアスに変わったのだ・・・
 とにかく、ここでアラジンが呪文を使えてはいけないだろ
 これからどうするんだ?

「少年・・・君は一体・・・」
「ボクかい・・・ボクは・・・
マギ23
マギさ」

扇が光る。アラジンが触ると
「ご機嫌いかが?私はパイモン」
マギ24

マギ25

パイモンが出てきた

マギ33
 これはアウトだろwww
 まさかの無修正www
 あれか?人間じゃないから乳首ピアスはセーフなのか!?
 アウトだろ!!!

ウーゴ君も出てくる
マギ26
話をする二人


 何してんだww
 このシーンを原作どおりにやるとはww
 こういうところはちゃんとやるんだなスタッフ共www

「事情は分かったわ・・・
マギ27
だけど、私は王の器に選ばれた白瑛ちゃんに力を貸すだけ」

「煌帝国のマギに選ばれたんだから」

煌帝国
「神官殿・・・いやマギよ」
マギ28

りんごをたべている黒髪のマギ
マギ29

「白龍!!」
「なにおか、神官殿!!」
修行をしている白龍
「お前も迷宮に行けばいいんだよ!!」


 白龍キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
 残念ながらしばらく彼は出てきません!!
 シンドリア編はやっても2クール目でしょうね
 しばらくさようなら

パイモンはアラジンに尋ねる
「あなたは王を選ばないの?」

マギ30
「本当にこれ、もらっていいの?」
杖を受け取るアラジン
黄河一族が見せる武器に心当たりが
「お兄さん、ゴルタスって人知ってるかい?」
事情を話すアラジン
「偶然とはいえ、最期を見届けてくれてありがとな」
「偶然じゃないよ!」
アラジンは部屋の中を思い出す

マギ31
「外の世界に行けば分かるよ。君が生まれた意味が
そのように、できているのだから」


 ウーゴ君かっけええええ
 このイケメンっぷり
 マギの作品の中で1位を争うくらいのイケメンだあああ

出発する事に
「アラジン、またな」

「君に会う事でまだ何が変わるかわからないけど
アリババくん、ボクは君に会いに行きよ!」


迷宮編とまでは行かなくても、ところどころ改変が目立ちましたね
魔装はGJ!!
最後のセリフを変えたのがよくわからんな・・・
ただ、特に違和感はないため、まあいい
ここらへんは原作でも微妙な所なので特にアニメで面白くなる事もなくって感じでした

次回はモルジアナ!!
ライラとかは出てこないだろうからどうやって話をつなげるんだろうか・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://konanhitosuzi.blog54.fc2.com/tb.php/976-bee979a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
草原を舞台にした黄牙編の後編。 黄牙での出会いと別れは、アラジンにマギとは何なのかを教えてくれました。 煌帝国との争いのせいで、ババさまは倒れてしまう。 一時とは言え、
2012/11/04(日) 23:16:55 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。